バレエの教授法

バレエ『くるみ割り人形』主役とお食事

MARIINSKY II で観た『くるみ割り人形』のマチネ(2018.12.9)の主役は、今回ワガノワ・バレエ・アカデミー教師再教育プログラムに参加している先生の友人です。


セカンド・ソリストのNadezhda Goncharさん。
そのおかげで、終演後に食事をご一緒する機会を得ることができました。
そのときにとてもおもしろいお話を伺えたので、こちらでご紹介します。

続きを読む

ワガノワ・バレエ・アカデミーに通います!

12/1(土)成田からモスクワ、モスクワからサンクトペテルブルクまで、約12時間の長い長いフライトを経て、とうとうワガノワ・バレエ・アカデミーの寮までやってきました。

道中は本当に大変で(笑)、乗り継ぎに間に合わず、次のフライトでは一つ荷物が届かなかったりと、本当に「こんなにもいろいろ起きる?」と思ったぐらいです。

続きを読む

バレエ教授法では、言葉のかけ方を学年に応じてこう変えます。

バレエ教授法では、学年に応じて言葉のかけ方を変えていくことをご存知でしょうか?

教師向けのバレエ教授法の講義では、ステップについて以下のように学びます。

  • 動きの説明
  • 目的
  • 発展形
  • 音の取り方
  • 行い方
  • 法則
  • 課題
  • よく起こる間違い

行い方が学年によって変化します。

そして言葉の数も変化します。

続きを読む

夢叶う!ワガノワで論文発表

2018年10月25日

私にとっては忘れられない日になりました。

ワガノワ・バレエ・アカデミー本校で開催された会議にて私の論文が発表されたのです。 続きを読む

バレエ指導の○☓の決め方

毎週火曜、表参道まで「ワガノワ・メソッド バレエ教授法」を学びに行っています。

昨日、ご一緒している先生が

「教授法を学ぶと、間違いがよくわかる」

というお話をしていました。

続きを読む

バレエ教室でパワハラに困ったらお読みください

アスリートの世界でのパワハラが注目されています。

バレエ界ではどうでしょう?

続きを読む

『白鳥の湖』オデットとオディールのヴァリエーションをバレエ教授法的に考察してみると…

先日、なんとなく見ていた動画サイトで

「オデットVa 初心者バージョン」

というものを見つけました。

そこで目にしたものは、バレエの奥深さを改めて感じさせてくれるものでした。

続きを読む

バレエにおける上半身の形と使い方17のチェックポイント

8/22(水)のバスターズのテーマは

「引き上げ」

でした。

引き上げはもちろん筋肉の作用なのですが、

筋肉が正しく動くためには、正しい形というものが存在します。

今回はその形についてお話します。

続きを読む

首が美しくなるバレエ・メソッド

一昨日、私が師事するワガノワ教授法の先生の座学を受けたあと、実技のレッスンを受けてきました。

普段は座学のみの受講なのですが、今回は実技も、です。

翌日の私がどうなったかと言うと、

 

首が筋肉痛(泣)

続きを読む

レッスンの質が上がり仕事が減ることになったバレエ教師の体の異変

バレエ教師を始めた頃、毎日6時間ぐらいレッスンを担当していました。

その状況が続くうちに、体に異変が起こってきました。

全身のむくみと湿疹で、日常生活もままならないようになりました。

病院での診断は「過度なストレスによるもの」

「このままでは過労死…」

と、不安がよぎりました。

続きを読む