バレエの教授法

バレエはカマ足ではいけない理由が、グラン・ロン・ドゥ・ジャンブを見ると分かる

動脚を90度に上げて行うグラン・ロン・ドゥ・ジャンブ・アン・ドゥオールの法則では、

 

逆カマであることが前提とされています。 

 

バレエでは、逆カマの方が美しく見えるものですが、

 

教授法で指定されると、

 

逆カマの足を持っていない方にはかなりショックかもしれません。

 

続きを読む

カブリオルの動きの違いから分かること。2つの動画比較

『ジゼル』第2幕のミルタのヴァリエーション。

 

2種類の踊り方があります。

 

動画で比較してみましょう。

 

続きを読む

ワガノワ教師が「考えて!」と指導する真意

ニコライ・ツィスカリーゼ校長による公開レッスン(7/19, @新国立劇場)に続いて

 

ワガノワ・バレエ・アカデミー教師による特別レッスン(7/20, @ノアスタジオ) を見学してきました。

 

やはり、ワガノワ・メソッド教授法。

 

教師が違っても指導ポイントは同じです。

 

続きを読む

腕が上体の後ろは「No!」〜ワガノワ・バレエ・アカデミー校長の公開レッスンを見て

新国立劇場で開催される バレエ・アステラス 2017 (7月22日)にワガノワ記念ロシア・バレエ・アカデミーの生徒が出演します。

 

公演に先立って、ニコライ・ツィスカリーゼ校長による

 

公開レッスンが、新国立劇場で開催されました(7月19日)。

 

ツィスカリーゼ校長のレッスンは、

 

さすが! 

 

と思わせる素晴らしいレッスンでした。

 

レッスンの様子を一部報告します。

 

続きを読む

バレエでつま先重心に立とうとしても、上手く出来ない理由

「重心はつま先に乗せないでください。」

 

と、指導すると、

 

「ずっとつま先に重心を乗せて立つように指導されてきたんです〜」

 

と、困惑する方がいらっしゃいます。

 

あなたのレッスンでは、どうでしょうか?

 

今回は、つま先に重心を乗せるということについて、考えてみます。

 

続きを読む

バレエオーディションで審査される12の身体的条件

バレエの本場−ロシアでは、4つの基準で子どもたちを選びます。

  1. 外見
  2. 顔立ち
  3. 身体的条件
  4. 音楽性

3の身体的条件として、次の12項目が審査されます。

続きを読む

バレエでの「歩く」と「走る」

ラ・バヤデール。

 

踊り子ニキヤと戦士ソロルの悲恋の物語。

 

特に素晴らしいのは、第3幕の影たちの登場。

 

でも、素晴らしいはずの踊りが、素晴らしくない踊りになることがあるのです。

 

なぜでしょう?

 

続きを読む

動きをバレエ芸術に高めるために必要なもの

「この動きのときは、このようなニュアンスで行う」

 

と、バレエ教授法では、ニュアンスについてまで指示があります。

 

バレエ教授法と聞くと、テクニックの指導法のように思われるかも知れませんが、それだけではないんです。

 

今回は、ニュアンスについて探ってみましょう。

 

続きを読む

あなたバレエの基準はどこにありますか?

何かの正しさについて語るとき、

 

その正しさの基準となるものがあります。

 

その基準を多くの人が共有しているとき、

 

それは「常識」という言葉に置き換わります。

 

では、バレエにおける正しさの基準はどこにあるのでしょうか?

 

続きを読む

人間性を失わないように指導する2つの視点

バレエ教授法では、

 

生徒の人間性を失わないように指導すること

 

を、とても大切にします。

 

一体どのようなことなのでしょう?

 

続きを読む