バレエの教授法

ワガノワバレエアカデミーに見るポアントのシソンヌと腕の関係

両脚プリエから片脚のトゥに乗り、動脚をルティレにする動きがあります。

キトリがパッせしながら脚を素早く上げ下ろしするあの動きです。

 
正確には、

脚を入れ替えない動きを、Sissonne simple sur la pointe

脚を入れ替える動きを、Sissonne passé sur la pointe

と呼びます。

 
この動き、見た目以上にとても複雑なんです。

続きを読む

バレエレッスン「毎月第1週は外せない!」のはなぜ?

ロシアの国立バレエ学校では月曜日から土曜日まで週6日クラシック・レッスンをします。

内容は、3日間単位で同じレッスン。

毎日違う訳ではないのです。

では、週6日生徒全員が通うわけではない日本で、しかも大人から始めた生徒さんの場合は、どのようなレッスンをすればよいでしょうか?

続きを読む

バレエの舞台の広さが動き(メソッド)の差

ワガノワやRADなどバレエにはいくつかのメソッドがありますね。

では、それらメソッドの違いがどこから来ているかご存知でしょうか?

 

これに関連して、ワガノワ・バレエ・アカデミー ニコライ・ツィスカリーゼ校長は、

距離感・空間の差がメソッドの差

と仰っていました。(2017.7.19@新国立劇場 公開レッスンにて)

 

「メソッド」と一言でくくってしまうとあまりに広範囲なので、今回は白鳥の湖の「動き」に注目して考察してみます。

続きを読む

パ・ドゥ・ブーレはどっちの脚から始める?

Pas de bourrée suivi

Pas de bourrée couru

上記はメソッドによる名称は違えど、同じ動きを指しています。

suivi は、「追う」という意味で、ロシア・メソッドで使う用語です。

couru は、「走る」という意味です。

この2つ、行い方に明らかな違いがあるのをご存知でしょうか。

続きを読む

パ・ドゥ・シャのアチチュード。この2つの違い分かりますか?

ロシアバレエには、

脚を後ろに振り上げるパ・ドゥ・シャ

があります。

パ・ドゥ・シャと言うと、横をイメージしそうですが、後ろ、です。

後ろ脚はアチチュード。

 

一見簡単そうですが、

ところがどっこいの世界が待っています。

続きを読む

あなたを上達させるバレエ教師の探し方

公立学校では母国語で授業が進められるのが一般的ですね。

日本なら日本語で。

アメリカなら英語。

ドイツならドイツ語。

ところが、もし教科ごとに言語が異なるとしたらどうでしょうか?

国語は日本語で、

算数は英語で、

理科はドイツ語で。

と言った具合。

混乱しそうですよね。

さて、これをバレエに置き換えてみるとどうなるでしょう?

続きを読む

バレエ教師の仕事〜カリキュラム作り

ロシア・メソッドを学んでいると、

どの段階で、

どの音取りで、

どの動きを行うか、

が明確に示されています。

これに従えば、

自分用のカリキュラムを作ることが可能です。

とても大変なのですが。(泣)

続きを読む

宇宙に向かって跳ぶ

ワガノワ・メソッドを学んでいると

 

跳躍力を上げるために何をすればよいか

 

ということをとても重要視していることが分かります。

 

例えば、

  • パ・アッサンブレ
  • パ・ジュテ

この2つの跳躍では、行い方に大きな違いがあります。

 

それが何か分かりますか?

 

続きを読む

ジャンプの習得に必要なプロセス

ワガノワ・バレエ・アカデミーの1年生と2年生では、

 

要求されるジャンプの高さが違います。

 

もちろん、2年生が高くなります。

 

そのプロセスをご紹介します。

 

続きを読む

今後も是非受けたい【生徒さんの声5】

Q1. バレエに関してどんなことで悩んでいましたか?

腕、顔、脚の動きのタイミングがわからない。
 
続きを読む