とんでもバレエ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私の生徒さんで、セラピストにケアして頂いている方がいらっしゃいます。先日、

 

“ターンアウトのために”こんな治療法されたんですよ〜」

 

と報告してくださいました。

 

それを受けて私。

 

「え? それは“ターンアウトのために”は、何一つ効果ないと思いますよ。それよりも、私がお勧めする“これ”をやってくださいね(^_−)−☆」

 

その顛末は?

 

 

  • ターンアウトの正しい行い方
  • プリエの正しい行い方
  • 上体の正しい保ち方

 

これらがセラピストがバレエに言及する Howto シリーズの代表ではないでしょうか?

 

バレエの専門教育を受けていない方たちの Howto シリーズ。

 

はっきり言ってすごく迷惑です。

 

バレエ教授法とはかけ離れたところで語られるこの Howto ものは、

 

度々目にしていますが、まるで頓珍漢な視点から語られていて、

 

「全然違〜う!」と一人で唸っています。

 

 

さて、冒頭のお話。

 

まるっきりのフィクションです。

 

治療法に関して私はド素人です。

 

ですから、その治療法に対して意見を言える立場ではありませんし、そんなでしゃばったことなどする気もありません。

 

立場をわきまえていますので。

 

セラピストのみなさんに質問があります。

 

バレエではこれが正しい行い方だ

 

と語る前に、バレエ教授法を学びましたか?

 

もし、そうでないなら発言の内容は、バレエ教授法を修めた人にチェックして頂いていますか?

 

セラピストの方々は、ご自身のセラピーや治療、トレーニングの専門家であって、バレエに関して、特にバレエ教授法に関しては専門家ではないはずです。

 

セラピストの立場でバレエを語るなら、その立場を貫いてください。

 

仮に私が

 

バレエ教師が語る〇〇療法の正しい行い方

 

のような発言をしたら、イヤな気分になりませんか?

 

「このド素人が!」

 

とお叱りを受けること必至です。

 

実際、勘違い混じりの

 

トンデモ〇〇療法

 

になるはずです。

 

そんなこともつゆ知らず、真に受けた生徒さんが怪我をして、ホンモノの〇〇療法を受けに行く。

 

これがバレエでは現実に起きています。

 

日常茶飯事と言っても良いでしょう。

 

怪我をしないまでも、迷われている生徒さんが大勢いらっしゃいます。

 

日本にはバレエ教師に国家資格はありません。

 

だからこんな状況になってしまうんです。

 

そこへ来て熱心に学ぶ大人の生徒さんが増えて来た。

 

バレエの学びの環境を良くしていきたいのに、その逆を行く情報を出し続ける人がいる。

 

きっと多くは善意からだと思います。

 

でも、私にとっては情報を出す人より、そういう情報を受け取ってしまう生徒さんの方が大事です。

 

きっと日本のバレエ界にとってもそうだと思います。

 

優先順位を考えたら、やはりその手の情報を出すのは止めて頂く必要があります。

 

切にお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *