アラベスクをきれいに上げたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエのポーズで最も美しいのがアラベスク、ではないでしょうか?

プロのバレリーナのように空に舞い上がるような軽やかさを表現できたら、

どんなに素晴らしいでしょう。

今回はアラベスクをきれいに上げるコツをお伝えします。


ターンアウトは誰もが出来ることではないので、今回はターンアウトとは別の観点から…。

アラベスクは脚を上げるポーズなので、動脚の高さと脚のラインが重要です。

また、軸脚のターンアウトも。

上記は正しいのですが、見落としがちな部分があります。

それは、

「骨盤の位置」

です。

通常、「骨盤は重心がかかる、足の真上」 と指導されます。

だいたい重心は、土踏まずの真上に来るのですが、動脚を上げるため、この骨盤の位置では不都合が生じてきます。

脚を上げていくと、骨盤が土踏まずの真上だと、腰が引けてしまうのです。

コツは、骨盤を土踏まずよりも前に、つま先の真上に置くこと。

 
さっそく、行ってみましょう。

まずは、5番ポジションで両脚にしっかり乗りましょう。

少しだけ骨盤を軸脚側に移動させながら、バットマン・タンデュで後ろに脚を出します。

(つま先の真上に骨盤を乗せるように…)

そのままの骨盤の位置で動脚を45度まで上げます。

(上半身に引上げがないと、骨盤が引けてしまうので、要注意です!)

この骨盤の位置から、90度よりも倒すパンシェにすると、

どうしても骨盤が動脚側に引っ張られますので、ちょうど骨盤が土踏まずの真上に来るようになります。

180度に近いパンシェの場合は、骨盤がかかとよりも少し後ろに来るようにします。

上体を下に倒すので、かかとの真上だとバランスを崩します。

  
つま先よりも前に骨盤を置くやり方もあります。

プロのダンサーの写真などを見ると、相当前に骨盤を押しています。

骨盤がとつま先を超えるぐらい前に置かれていることもあります。

 
アラベスクでは動脚に骨盤を引っ張られ、腰が引ける事が往々にしてありますが、

骨盤を前に押すようにしてください。

ただし、上半身の引上げが可能な場所で、です。

ご自身の骨盤で行い方の確認をなさってみてください。
 
 
 
参考動画
アラベスク【バレエの法則】Vol.052

参考教材
動画教材『アラベスク』 

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*