足裏と趾のエクササイズ

バレエの上達を早めるためにオススメなのが、足裏と趾(足指)を鍛えること。

足裏と趾を上手に使えるようになると、身体のバランスが整い、動きやすくなります。

続きを読む

伸ばすために縮めましょ

ビールマンスピンポーズは、柔軟性が相当ないと出来ないポーズですね。
 
読者の方から、このポーズのためのストレッチ法を教えて欲しいという質問を頂きました。ありがとうございます。

続きを読む

ピルエット 2つのプレパレーション

「ピルエットが上手に回れるようになりたい!」

バレエを学ぶ全ての生徒さんが望んでいることではないでしょうか?

プレパレーションから立つ時の重心移動を知れば、上手に回れるようになります。

続きを読む

上達に欠かせない深部感覚を鍛える

バレエを習っている方のほとんど、いや全員が

「バレエが上手くなりたい!」

と思っているのではないでしょうか?

上達への道筋は、たった3つのステップに集約されます。

続きを読む

エレベーター・ルルヴェとエスカレーター・ルルヴェ

ルルヴェの動きを行う時、あなたはどこに注目しているでしょうか?

まずは、ルルヴェの意味から。

意味、ご存知ですか?

続きを読む

肩の正しい置き方

「両肩は緊張させないように開いて下げます。」
(『クラシック・バレエの基礎』 N・バザーロワ/V・メイ 著 かるさびな出版 1992年 9p より引用)

続きを読む

上達させる教師の2つのタイプと、番外編

上達への階段と聞いて、皆さんはどのようなことを思い浮かべるでしょうか?

まずは、

1.独学

バレエに限らず、ほとんどの習い事は、独学で学ぶことができます。

学ぶことは出来るんですが、おそらく、試行錯誤が多く、

教師に教わるより、上達のスピードは遅くなると思います。

続きを読む

まっすぐはまっすぐではない?

よく教師はこう言います。

「まっすぐに立ちましょう」

さて、この「まっすぐ」

一体どのような状態でしょうか?

続きを読む

アラベスクをきれいに上げたい!

バレエのポーズで最も美しいのがアラベスク、ではないでしょうか?

プロのバレリーナのように空に舞い上がるような軽やかさを表現できたら、

どんなに素晴らしいでしょう。

今回はアラベスクをきれいに上げるコツをお伝えします。

続きを読む

美しく踊るために欠かせない 「音楽性」

オーケストラ

美しく踊るために欠かせない要素はたくさんあります。

キープ力・腕の動き・敏捷性…、など。

続きを読む