舞台では踊らない動きを練習するのはなぜ?

ワガノワバレエアカデミー教師課程資格取得のロシア人先生より

 

ワガノワ・メソッド教授法で3年生の課題を学んでいます。

 

つい先日、Flic-flac (フリック・フラック)について学びました。

 

Petit battement の要領で、つま先で床を叩く動きです。

 

「この動きは舞台では出てきません。エクササイズとしてだけ行います。」

 

舞台で踊らないのに、なぜ練習するのでしょう?

続きを読む

複数メソッド受講はなぜ上達の妨げになるのか?

少し長めの冬休みを終え、

 

今週から大人オープンクラスを再開しています。

 

冬休みの間に私の指導とは違う動きになってしまった生徒さんがいらっしゃいました。

 

続きを読む

『くるみ割り人形』金平糖の精の女性らしさを表現する腕の動き

作品の登場人物の性格を物語るためには

動きのニュアンスが大事ですね。

『くるみ割り人形』の金平糖の精ではどのようなニュアンスで表現すればいいでしょうか?

続きを読む

バレエで肋骨閉めてますか?

肋骨閉めて!

と、指導されたことのある方はいらっしゃいますか?

 

私自身は、殆どありません。

ところが、なぜかこれ最近よく目にします。

そこで、これが本当に従うべき指導かどうか、調べてみました。

続きを読む

ワガノワバレエアカデミーに見るポアントのシソンヌと腕の関係

両脚プリエから片脚のトゥに乗り、動脚をルティレにする動きがあります。

キトリがパッせしながら脚を素早く上げ下ろしするあの動きです。

 
正確には、

脚を入れ替えない動きを、Sissonne simple sur la pointe

脚を入れ替える動きを、Sissonne passé sur la pointe

と呼びます。

 
この動き、見た目以上にとても複雑なんです。

続きを読む

バレエレッスン「毎月第1週は外せない!」のはなぜ?

ロシアの国立バレエ学校では月曜日から土曜日まで週6日クラシック・レッスンをします。

内容は、3日間単位で同じレッスン。

毎日違う訳ではないのです。

では、週6日生徒全員が通うわけではない日本で、しかも大人から始めた生徒さんの場合は、どのようなレッスンをすればよいでしょうか?

続きを読む

バレエの舞台の広さが動き(メソッド)の差

ワガノワやRADなどバレエにはいくつかのメソッドがありますね。

では、それらメソッドの違いがどこから来ているかご存知でしょうか?

 

これに関連して、ワガノワ・バレエ・アカデミー ニコライ・ツィスカリーゼ校長は、

距離感・空間の差がメソッドの差

と仰っていました。(2017.7.19@新国立劇場 公開レッスンにて)

 

「メソッド」と一言でくくってしまうとあまりに広範囲なので、今回は白鳥の湖の「動き」に注目して考察してみます。

続きを読む

パ・ドゥ・ブーレはどっちの脚から始める?

Pas de bourrée suivi

Pas de bourrée couru

上記はメソッドによる名称は違えど、同じ動きを指しています。

suivi は、「追う」という意味で、ロシア・メソッドで使う用語です。

couru は、「走る」という意味です。

この2つ、行い方に明らかな違いがあるのをご存知でしょうか。

続きを読む

バレエの腕(アームス)の微妙な高さの違いの習得法

ロシア・バレエでは腕(アームス)の高さがポジションごとに厳密に定められています。

  • 第1ポジション(ロシア・メソッド以外ではアン・ナヴァン)
  • 第2ポジション(ア・ラ・スゴンド)

この2つ、腕の高さに違いがあることはご存知でしょうか?

続きを読む

パ・ドゥ・シャのアチチュード。この2つの違い分かりますか?

ロシアバレエには、

脚を後ろに振り上げるパ・ドゥ・シャ

があります。

パ・ドゥ・シャと言うと、横をイメージしそうですが、後ろ、です。

後ろ脚はアチチュード。

 

一見簡単そうですが、

ところがどっこいの世界が待っています。

続きを読む