私なりに大きく「バレエらしい動き」に近づけたような気がしています。【生徒さんの声1】

DancingFUNのクラスの前に受けていたレッスンは、「美容と健康のため」という大人の方が中心だったため、上半身の引き上げを中心にご指導いただいていました。おかげで、だいぶ姿勢が矯正されて、腹筋、背筋も少し鍛えられたように感じています(というか、バレエを始めていなかったら今頃、腰痛や膝の痛みに悩まされるようになっていたかもしれません)。

仕事のシフト変更があり、 続きを読む

アッサンブレで跳ぶ高さの決め方

アッサンブレを行う際、

 

高く跳んで!

 

と指導されたことはありますか?

 

通常、ジャンプは高く跳ぶものですが、アッサンブレではどのくらい跳べば良いのでしょうか?

 

バレエの法則では、高さが具体的に指定されています。

 

続きを読む

バレエの優雅な動きの指導法

バレエを習っているのに、

 

優雅な動きができない。

 

よく聞く悩みの一つです。

 

バレエ教授法では、優雅な動きはどうやって指導されるのでしょうか?

 

ワガノワ・バレエ・アカデミー生のバットマン・タンデュを例に

 

紐解いてみましょう。

 

続きを読む

ルルヴェの動きは、何を持ち上げるかで違う。

ルルヴェの意味は、

 

「持ち上げる」

 

ただし、何を持ち上げるのかで、動きが違ってきます。

 

続きを読む

バレエ学校では学年が上がるとどう課題が変わっていくのか?

ロシアの国立バレエ・アカデミーでは、

 

学年毎の課題が明確に示されています。

 

学年毎に課題が上乗せされていくので、学んだことを正確にこなせないと後々困ったことになります。

 

国立なので、その困ったことの最たるものは「退学」です。

 

なかなか厳しい世界ですね。

 

学年毎に課題がどう違ってくるのでしょうか?

 

続きを読む

とんでもバレエ

私の生徒さんで、セラピストにケアして頂いている方がいらっしゃいます。先日、

 

“ターンアウトのために”こんな治療法されたんですよ〜」

 

と報告してくださいました。

 

それを受けて私。

 

「え? それは“ターンアウトのために”は、何一つ効果ないと思いますよ。それよりも、私がお勧めする“これ”をやってくださいね(^_−)−☆」

 

その顛末は?

 

続きを読む

ポール・ドゥ・ブラがうまくこなせなかったときに疑うポイント

ロシアのメソッドでは、ポール・ドゥ・ブラは6種類。

 

1年生で学ぶのは第1、第2、第3ポール・ドゥ・ブラ。

 

2年生では第4、第5ポール・ドゥ・ブラを学び、3年生で第6ポール・ドゥ・ブラを学びます。

 

ワガノワ・バレエ・アカデミーの生徒による、参考動画で動きを追ってみましょう。

 

続きを読む

エカルテの腕は上から入るときと、前から入るときでは形がこう違う

エカルテの腕は上から入るときと、前から入るときでは形が違うのはご存知でしたか?

 

ワガノワ・メソッドの教授法を学んでいると

 

「へぇ〜、それは初耳!」

 

と、唸ることがしばしばです。

 

最近は、エカルテのポーズの多さに唸ってしまいました。

 

続きを読む

バレエはカマ足ではいけない理由が、グラン・ロン・ドゥ・ジャンブを見ると分かる

動脚を90度に上げて行うグラン・ロン・ドゥ・ジャンブ・アン・ドゥオールの法則では、

 

逆カマであることが前提とされています。 

 

バレエでは、逆カマの方が美しく見えるものですが、

 

教授法で指定されると、

 

逆カマの足を持っていない方にはかなりショックかもしれません。

 

続きを読む

カブリオルの動きの違いから分かること。2つの動画比較

『ジゼル』第2幕のミルタのヴァリエーション。

 

2種類の踊り方があります。

 

動画で比較してみましょう。

 

続きを読む