FCバルセロナカンテラ公開トレーニングに見るストレッチ

小学1年の息子がサッカーを始めたので、
 
少しでも本物に触れさせようと
 
FCバルセロナカンテラ公開トレーニングを見てきました。
 
続きを読む

バレエを教えることの怖さ

私が子どものとき、
 
バレエを教えるのは、
 
バレエ教師の専売特許でした。
 
ところが、最近は、バレエ教師以外の人が「バレエ」を教えることが多くなってきたように思います。
 
続きを読む

結果を出すという責任の取り方

日本勢が大活躍のリオ五輪。
 
その中でも審美系スポーツに注目。
 
特に今回は、シンクロナイズドスイミングにメダル奪還をもたらした
 
井村監督の言葉に共感しました。
 
続きを読む

バーとアレグロの相関関係

視線が集まる美しいバレエ習得法−DF夏期講習2016第二弾
  
2日目のテーマは「跳躍」です。
 
参加者のみなさんに、普段のレッスンで跳躍時にどのような注意をされているか聞いてみました。
 
続きを読む

幼児参加のバレエ発表会を上手くまとめる一つのアイデア

幼児が発表会に出るときに
 
一番問題になるのが、
 
「場所とり」です。
 
普段のスタジオの大きさに慣れている子どもたちにとって
 
広い舞台は、異次元空間。
 
そのまま子どもたちに任せていると、大変なことになります。
 
続きを読む

甲を出すための2つのアプローチ

バレエで大事なのは、形。
 
形の美しさがバレエの美しさです。
 
どのようにして美しい形に向かうか?
2つのアプローチをご紹介します。
 
続きを読む

ワガノワ先生にとっての解剖学から思うこと

ワガノワ・メソッドを確立したアグリッピナ・ワガノワは、
解剖学について興味深い見解を示しています。
彼女の言葉を引用すると…
 
続きを読む

ノボシビルスク・バレエ学校オーディションレポート

国立ノボシビルスク・バレエ学校(ロシア)ワークショップ&オーディションが、
新宿村スタジオにて先日二日間の日程で開催されました。
 
二日目だけ見学させて頂きました。
そのレポートをお伝えします。
 
続きを読む

レッスンのたびにストレッチする。そんな必要もありません。

私は、バレエを職業にしたいという生徒のクラシック・レッスンを担当しています。
 
そのレッスン構成は、
 
続きを読む

ちゃんとしたアチチュードを。形がありますから。

「よくアチチュードの形を習ってる先生に直されるのですが、色々注意されすぎて、わからなくなっています。」
 
このような質問を頂きました。
 
今回はアチチュードの形についてお話します。
 
続きを読む