ターンアウト

バレエでの内転筋の誤解は尽きない?

内転筋をどのようにバレエで使うか、
 
まだまだ誤解している人が多く存在していると、海外のサイトで紹介されています。
 
続きを読む

ターンアウトのストレッチ〜カエル足

「ターンアウトはどういう時に行うでしょうか?」
 
「踊っているときはいつも」
 
正解です。
 
では、違う質問。
 
「ターンアウトをしている脚にはどのような状態がありますか?」
 
続きを読む

バレエで内転筋はどう使う?

読者の方から質問をいただきました。

「教室の先生から、内ももを使うようにと頻繁に注意を受けます。そもそもバレエを踊るのに内ももを使う必要ってあるのでしょうか? また内ももを使って脚を上げるように(ドゥバン)とも言われましたが、謎です。教えてください。」

続きを読む

バレエの5番 本当の意味

バレエの教科書では、足は5番に入れるのが基本となっています。

教科書にしっかりとそう書かれています。

さて、足を5番ポジションに入れるメリットは何でしょうか?

続きを読む

エレベーター・ルルヴェとエスカレーター・ルルヴェ

ルルヴェの動きを行う時、あなたはどこに注目しているでしょうか?

まずは、ルルヴェの意味から。

意味、ご存知ですか?

続きを読む

肩の正しい置き方

「両肩は緊張させないように開いて下げます。」
(『クラシック・バレエの基礎』 N・バザーロワ/V・メイ 著 かるさびな出版 1992年 9p より引用)

続きを読む

ターンアウトは何度開く?

一番ポジション

バレエの教科書には脚を180度開くように、と書かれています。

舞台を見てもバレリーナたちは180度開いています。

プロバレリーナたちの1番での可動域はどのくらいでしょうか?

プロじゃなくても、厳しいオーディションを経て有名バレエ学校に入学した生徒たちの可動域はどのくらいでしょうか?

続きを読む

ターンアウトのコツ

一番ポジション

「バレエの基本ルール」でもお伝えしましたが、脚をターンアウトさせることは、3つのルールの中の一つです。

ターンアウトなしにバレエは踊れない、ということですね。

それほど重要なターンアウト、どうすれば手に入るでしょうか?

ターンアウトを手に入れるためのコツをご紹介します。

続きを読む

ターンアウトの正しい行い方

一番ポジション

ワガノワ・バレエ・アカデミー教師全課程資格を保有している先生に、

「日本では、ターンアウトのためにお尻を締めなさい、という指導が行われている事があります。先生はどうお考えですか?」

と聞いたことがあります。

答えは、

「ターンアウトのために、故意にお尻は締めません」

です。

そして、ターンアウトをどのように行えばよいのか教えていただきました。

続きを読む

なぜターンアウト?

一番ポジション

ターンアウトについて、ワガノワ・メソッドの書籍では下記のように記されています。

「脚の付け根からつま先までを体の外側に向けて開くことの出来る能力です。生まれつき外に開きやすい関節である場合と、地道なレッスンを続けて出来る様になる場合があります。脚を外に開くことで、体を支えている足元の面積が広がり、動きの幅が広がります。これは同時に、テクニックの向上にもつながります。」
(『ロシアバレエレッスン① 初級編 第1学年』エマ・A・ブリャーニチコワ 著 音楽之友社 18pより引用)

ワガノワ・メソッドの教科書でさえ、条件を満たしていない生徒にとっては、ターンアウトを習得するには地道な努力が必要不可欠としています。

ターンアウトは、大変なことなんです。

そもそも、ターンアウトはなぜバレエに必要なのでしょうか?

続きを読む