バレエ教授法

バレエのバイブル

バレエ教師という仕事を行う上で、この書物は絶対に必要だ。

 

という書物が、教師の方ならあるでしょう。

 

私にもあります。

 

続きを読む

バレエの法則とトレーニングプログラム

バレエの法則解説中

バレエ教師がバレエの本質を深く理解することはとても大事。
 
それを、医師やトレーナー、治療師といったバレエに関わる他分野の方とも共有することができたら、
 
より多くの生徒さんがバレエ上達の階段をどんどん登っていけるようになりますね。
 
そんな未来が来ることを夢見て日々活動しています。
 
そんな折、こんなご縁をいただきました。
 
続きを読む

甲を出すための2つのアプローチ

バレエで大事なのは、形。
 
形の美しさがバレエの美しさです。
 
どのようにして美しい形に向かうか?
2つのアプローチをご紹介します。
 
続きを読む

グラン・フェッテ・アン・トゥールナン習得の五つの段階

pirouette

キトリやオディールが行うグラン・フェッテ・アン・トゥールナン。
 
いつかあの回転ができたら!
 
と、思う方はきっと多いはず。
 
あのテクニックが出来るようになるまでの練習の段階があることをご存知でしょうか?
 
続きを読む

レッスン時間90分は長いか?短いか?

どこまで疲れさせる?で、レッスン時間について触れました。
 
長時間レッスンをしてしまう背景には、
 
1. できるまで繰り返せばよい
2. やればやる程よい
 
という思い込みがある、と。
 
問題は時間の長短なのでしょうか?
 
続きを読む

バレエ教師の意外な弱点

ピアニストからみたバレエ教師で、音が取れない教師について書きました。
 
読者の方からの反応もあり、やはり、音が取れない教師が存在するというのは、事実のようです。
 
あの記事は、私の実体験でもあります。どんな体験かというと…
 
続きを読む

感覚は誰のもの?

教授法に則って「バレエの法則」通りに教えると、生徒にどのような感覚が生まれるでしょうか?

続きを読む

指導? それとも指摘?

バレエは様式美を表現しますので、決められた身体の動かし方というのがあります。

代表的なのは、「ターンアウト」 です。

脚を股関節から外旋することです。

続きを読む