ポールドブラ

ポール・ドゥ・ブラがうまくこなせなかったときに疑うポイント

ロシアのメソッドでは、ポール・ドゥ・ブラは6種類。

 

1年生で学ぶのは第1、第2、第3ポール・ドゥ・ブラ。

 

2年生では第4、第5ポール・ドゥ・ブラを学び、3年生で第6ポール・ドゥ・ブラを学びます。

 

ワガノワ・バレエ・アカデミーの生徒による、参考動画で動きを追ってみましょう。

 

続きを読む

ロシア・バレエでのこの呼び名の手の動き、分かりますか?

ポドフヴァート

 

このバレエ用語、聞いたことがあるでしょうか?

 

すくい上げる手の動き」という意味です。

 

「これは、準備のポジションを通らずに、手を軽く下に下ろしてすぐにすくい上げてくるようにします。ただ第1ポジションに丸めていくのではなく、丁寧に素早くすくうように上げることが大切です。」

(『ロシアバレエレッスン①初級編 第1学年』 エマ・A・ブリャーニチコワ著 音楽之友社発行 49pより引用)※

 

ロシア語では、「ポドフヴァート」。

 

あなたのレッスンではどう呼んでいるでしょうか?

 

続きを読む

腕は長く使う?

腕は長く使うというのがバレエの常識と考えられているようです。

しかし、決してそうともいえない場合があります。

腕を長く使うことでバランスを崩すことがあるのです。

続きを読む

意外と知られていない「腕のポジション」

腕のポジションで使われる用語、

アン・バ (意味は、下に)

アン・ナヴァン (意味は、前に)

アン・オー (意味は、上に)

の3種類。

この3つのポジションは、どのメソッドの呼び方でしょうか?

続きを読む