解剖学

あなたバレエの基準はどこにありますか?

何かの正しさについて語るとき、

 

その正しさの基準となるものがあります。

 

その基準を多くの人が共有しているとき、

 

それは「常識」という言葉に置き換わります。

 

では、バレエにおける正しさの基準はどこにあるのでしょうか?

 

続きを読む

人間性を失わないように指導する2つの視点

バレエ教授法では、

 

生徒の人間性を失わないように指導すること

 

を、とても大切にします。

 

一体どのようなことなのでしょう?

 

続きを読む

「どうしても太ももを使い過ぎてしまう…」生徒さんからの質問への答え

4/29、30のGW期間で「スマートバレエ」を開催しました。※

 

私のオープンレッスンにあまりいらっしゃらない、もしくは、全くいらしたことのない生徒さんが参加なさいました。

 

参加なさった生徒さんから質問を受けました。

 

「動くときにどうしても太ももを使いすぎてしまい、いつも筋肉が張っているんです。これって使い方が間違っているからなんでしょうか?」

 

あなたは、どう思いますか?

 

続きを読む

バレエ学校が目指す統一感とは?

ロシアの国立バレエ学校では、ダンサーに何を教えようとしているのでしょうか?

 

コールドには一糸乱れぬ踊り?

 

ソリストには華麗なテクニック?

 

この写真が見事にその答えを写しています。

 

続きを読む

バレエでのお尻は、締めるのか? 閉めるのか?

お尻をしめて!

 

バレエスタジオで一番良く耳にする言葉かもしれません。

 

日本語の「しめる」にはいくつかの漢字が存在します。

 

意味はそれぞれ違います。

 

一体どの漢字が正しいのでしょうか?

 

続きを読む

バレエを教えることの怖さ

私が子どものとき、
 
バレエを教えるのは、
 
バレエ教師の専売特許でした。
 
ところが、最近は、バレエ教師以外の人が「バレエ」を教えることが多くなってきたように思います。
 
続きを読む

ワガノワ先生にとっての解剖学から思うこと

ワガノワ・メソッドを確立したアグリッピナ・ワガノワは、
解剖学について興味深い見解を示しています。
彼女の言葉を引用すると…
 
続きを読む

進化の軌跡がカマ足に残っている。とても大切なことだと思います。

「逆カマに!」って言われていますか?
 
逆カマってバレエ特有の形ですよね?
  
普段の生活に絶対に出てこないような形…。
  
続きを読む

逃げないで。バレエ教授法と正面から向き合おう。

私が大好きなバレエ教師がいました。
大人になって受けたオープンクラスの先生です。

知的で、デモンストレーションも的確でした。
 
ただ、一点。
 
私が後になって気づいたことがあります。
 
当時の私は、解剖学的アプローチを提唱し、
クラシックレッスンを教えていました。

続きを読む