プリエは何番から始める?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエ指導者は通常、レッスンの中でプリエを1番ポジションから始めます。

 

この

 

「1番ポジションから始める」

 

に、疑問を抱いたことはありますでしょうか?

 

 

子どもたちが始めてプリエを学ぶとき、どのポジションから練習を始めるのでしょうか?

 

RAD (ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンシング) メソッドでは、

 

2番ポジションから始めます。

 

「足を2番にして、両膝を少し曲げ (上体を下げる度合いについては、教師から指示があるはず)、両膝を横へ押し開きながら上体を沈めていく。元に戻る。1番の足で同じことを繰り返す前に、2番の足でドゥミ・プリエを3回くり返してみる。」

(『ステップ・バイ・ステップ バレエ・クラス』ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンシング編 文化出版局 1997年出版 43pより引用)

 

2番ポジションからの方が、ターンアウトを実感しやすいという理由からですね。

 

ただ、指導の現場で教授法は変化する事がありますので、今では1番ポジションから始めさせているかもしれません。

 

そういう変化の理由も分かれば、指導力がつきます。

 

2番ポジションと1番ポジションの理解が深まったところで、1番ポジションからプリエを始めるようになるのだと思います。

 

 

ワガノワメソッドでは、

 

1番ポジションから始めます。

 

「Demi-pliéを第Ⅰポジションでマスターしたら、これをすべてのポジションで練習します。順序は第Ⅰ、第Ⅱ、第Ⅲ、第Ⅴポジション、そして一番難しい第Ⅳポジション。

(中略)

上体は真っすぐに引き締めて引き上げ、両肩と骨盤は同じようにそろえて並べます。上体の重心は左右の足に均等にかけます。このことは、特に第Ⅱ、第Ⅴポジションで注意する必要があります。」

(『クラシック・バレエの基礎』N. バザーロワ/V. メイ著 かるさびな出版 1992年出版 18p~19pより引用)

 

ワガノワメソッドでは、ターンアウトはもちろん行うのですが、上体の重心のかけ方に注目しています。

 

2番ポジションからだと重心を上手にかけられないので、デメリットが多いと判断しているようです。

 

1番ポジションで重心のかけ方をマスターしてから2番ポジションに移行します。

 

確かに小さい子どもたちにとって、両足に重心を均等にかけるのは難しいことです。

 

 

それぞれのメソッドにそれぞれの目的があります。

 

メソッドの目的が分かれば、指導に裏づけが生まれます。

 

 

記事で参照した文献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください