大谷翔平選手の足首をバレエの2種類のプリエで強化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

とても興味深い動画が流れています。

 

オーストラリアのプロラグビーチームが、バレエを習っている。

 

ラグビーは、足首の怪我が多い競技だそうです。

 

まずは、動画をお楽しみください。

 

 

Wigan Warriors チームのバレエ。

 

ということで、予防のためにバレエを行っているとのこと。

 

当の選手たちは戸惑い気味ではあります(笑)。

 

でも、これって画期的なことではないでしょうか?

 

アスリートの世界にバレエが入ってますよ!

 

サッカージュニアチームや新体操強化選手に、バレエ教師として関わっている私には、とてもうれしいニュースなんです。

 

 

バレエには2種類のプリエがあります。硬いプリエと柔らかいプリエ。

 

これらをジャンプの種類によって使い分けます。

 

この2種類の使い分けはなかなか難しいのですが、

 

基礎は何と言っても柔らかいプリエです。

 

柔らかいプリエは着地のため、硬いプリエは跳び出しのためのプリエで使うと考えればしっくり来ます。

 

まずは柔らかいプリエを完成させ、徐々に硬いプリエの使い方をマスターしていきます。

 

硬いプリエが完成されれば、硬かろうが柔らかろうがジャンプのためのプリエは問題なく行うことができます。

 

この2種類のプリエの完成が、足首を強くしてくれます。

 

 

日本ハムファイターズの大谷翔平選手が足首の怪我で悩まされているというニュースを目にしました。

 

そのニュースを見た瞬間、「バレエやらないかなぁ〜?」と思いました。

 

バレエが足首の強化に有効だからです。

 

で、上記の動画がその正しさを物語ってくれています。

 

 

アスリートのバレエ

 

足首の強化に絶対に有効だと思います。

 

バレエが、アスリートのクロストレーニングに必ず入る日が来ると思っています。

 

その第1号が大谷選手になるといいな。

 

そう思いつつ彼を応援し続けます!

 

 

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください