バレエ公開レッスンレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6月2日(土)に、

ローラン・フォーゲルのバレエ公開レッスン2018

を見学してきました。

プリンセス・グレース・バレエ・アカデミー教師のローラン・フォーゲル先生のレッスンです。

フォーゲル先生は、ジョン・クランコ・スクールでクラシック・バレエ教師の資格を取得されています。

ワガノワ・メソッド教授法を勉強している私にとっては、ジョン・クランコ・スクールのメソッドに大変興味がありました。

 

レッスン受講するのは、東京シティ・バレエ団のみなさん。

カンパニーレッスンかと思いきや、バリバリのアカデミーレッスンでした。※1

結論から言いますと、

ワガノワの教授法と目指しているところは同じ。表現方法が若干違う

でした。

 

最大の差は、

5番ポジションの重心のかけ方。

ワガノワでは軸脚に重心を多くかけますが、フォーゲル先生は両脚に重心をかけたまま片脚になっていました。

若干の重心移動はあれど、見た目にはほとんどわからない。

それもそのはず、完璧なまでのターンアウトと、脚の長さ。

あれだけのスタイルなら、両脚重心だろうが、軸脚重心だろうが、大差ありません。

 

問題は、脚の長さがさほどでもなく、ターンアウトもさほどでもないダンサーたちの場合。

両脚重心から軸脚一本になると、どうしても上体が前に残るので、出っ尻になります。

 

ここでわかることは、

長〜い脚と完璧なまでのターンアウトがなければ、両脚重心にするなかれ(泣)

その点、軸脚重心のワガノワ・メソッドは万人に対応しています!

 

フォーゲル先生が重視していたのは次の三つ。

  • 音の取り方
  • アクセントの付け方
  • コーディネーション

これらについて細かく指導していました。本当にアカデミックでした。

 

レッスン後にフォーゲル先生からとても良いお話を伺いました。

ダンサーは普段とても疲れている。

だから、普段のレッスン着はきれいに着こなさなくてはならない。

みすぼらしい格好だと、気分が落ち込む。

身体的に疲れているからこそ、見た目が華やかになるような服装で普段過ごさなくてはならない。

 

芸術を心から愛し、バレエを愛している気持ちが伝わってくるお話でした。

 

脚注※
教えないバレエ教師

 

 


『ワガノワe予備校』無料受講登録はこちら。

 

ワガノワ教授法のオンライン模擬試験と解説(期間限定)

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください