バレエ教師の私はこれで逆カマが楽になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

年齢とともに、筋肉が衰えてきますね。

私もご多分に漏れず足裏の筋肉が落ちてきました。

そのせいでしょうか、第3趾の付け根が両足で痛むようになりました。

私はイカ足ではないので、「イカ足サポーター」の力を借りることはありませんでした。

でも、 指導の最中も痛むので、試しに履いてみることにしました。

で、そこで予想外の大発見!

 

「イカ足サポーター」は、痛む中足骨の先端が床に触れないようになっています。

たまたま母趾側のシリコンを抜いて履いてみました。

そして、ドゥミ・ポアントで立ったところびっくり!

「逆カマにすんなり立てる!」

 

これは、私の中では相当なヒットで、

「世界初の逆カマサポーター誕生よ!」

と興奮してイカ足サポーターの担当者に報告してしまったほどです。

 

逆カマに立てれば、バレエのテクニックの多くの部分が相当楽に動けるようになります。

例えば、ピルエットはカマ足になることでバランスを失い、回転数が増えません。

そのような部分をこのサポーターで補えそうなのです。

 

これはバレエ界の革命なのでは?

私的には本当にそう思える出来事でした。

逆カマに出来なくて困っている方にもオススメしますよ!

 


『ワガノワe予備校』無料受講登録はこちら。

 

ワガノワ教授法のオンライン模擬試験と解説(期間限定)

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください