バレエ『くるみ割り人形』主役とお食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

MARIINSKY II で観た『くるみ割り人形』のマチネ(2018.12.9)の主役は、

今回ワガノワ・バレエ・アカデミー教師再教育プログラムに参加している先生の友人です。

 

セカンド・ソリストのNadezhda Goncharさん。

そのおかげで、終演後に食事をご一緒する機会を得ることができました。

そのときにとてもおもしろいお話を伺えたので、こちらでご紹介します。

● MARIINSKY Ⅱの傾斜
舞台の傾斜は、ダンサーにはほとんど感じない程度で、「傾斜あるみたいだけど、全然感じない」とのこと。
MARIINSKY Ⅰの傾斜が大体12~13°くらいなので、それに比べると水平に感じるそうです。

 

● 新バージョン『くるみ割り人形』はダンサー泣かせ
MARIINSKY Ⅱで上演される『くるみ割り人形』は、新バージョンです。
とにかく大道具が多いこの新バージョン、大道具の関係で舞台の底上げができないそうです。
ですので、ダンサーは硬い床で踊っているとのこと。
とにかくきつい!とNadezhdaさんはおっしゃっていました。

 

● 新人
今年入団した新人の評も聞いちゃいました。
これはもちろん名前は出せませんが、先輩から見た新人の評価は大変おもしろいです。
先輩ならでは!という評価の仕方というのがあり、経験年数ってすごいなぁ〜と思いました。

 

● レストラン
Nadezhdaさんに連れて行っていただいたレストラン「Entrée」。
とても美味しい料理をサーブする素敵なレストランでした。
壁に、有名人のサインと写真が飾ってありました。
http://restaurant-entree.ru/
マイヤ・プリセツカヤ、ディアナ・ヴィシニョーワ、マイケル・ダグラス。。。

 

まだまだこれからも舞台を観ますので、気になったことなど書き留めておきます。
お楽しみに!

 


『ワガノワe予備校』無料受講登録はこちら。

ワガノワ教授法のオンライン模擬試験と解説(期間限定)

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

大人バレエのお悩みバスターズ

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください