fbpx

バレエの源流チェケッティメソッドの先生との交流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今月の大人バレエのお悩みバスターズサロンのテーマは

 

『ロシアとイタリアのバレエメソッドの大きな違いについて』

 

です。

 

ワクワクするようなテーマです(笑)

 

このテーマに合わせて、調べることがありました。

 

それは、シャッセ!!!

 

ヴァリエーションの手前のポーズに入る際、シャッセをすることがありますが、

 

あの動きはチェケッティメソッドではどう扱われているのかとても気になりました。

 

※ロシアではこの動きは存在しないので、名称もありません。チェケッティメソッドでは「シャッセ」と呼んでいます。

 

シャッセは下記動画を参照してください。

 

上記ふたりともオーストラリアのダンサーです。

 

オーストラリアではチェケッティメソッドが主流だと聞いたことがありますので、これはチェケッティメソッドの先生にお話を聞くのが一番ということで、早速メールをしました。

 

どの先生にメールしたかといいますと、

 

Julie Cronshaw 先生です。

 

Julie 先生の動画をご紹介します。

 

Julie 先生から返信をいただき、やり取りをさせていただきました。

 

大変興味深い考察をしていただき、刺激的なやり取りでした。

 

そのやり取りの内容はサロンでお話します。

 

サロン、明日です。

 

 

その他にも日本の有名バレエ団にも問い合わせしました。

 

こちらでも大変興味深いお返事をいただきました。

 

こちらもサロンでご紹介します。

 

 

メソッドによって、動かし方に差があるということは、そこにはれっきとした理由が存在します。

 

ただ闇雲に、あれはダメこれもダメで切り捨てしまっては本質から離れてしまいます。

 

今回は歴史的な考察を取り入れることであのシャッセから見える世界が広がりました。

 

バレエの本質に少し近づいた喜びを覚えました。

 

一方、自分のものさしに合わないから切り捨ててしまうということはバレエをないがしろにしていることに他なりません。

 

そのことに気づいた教師が日本にどれほど存在するのか。

 

 

また、Julie 先生からワガノワメソッドに関するとてもおもしろいお話も教えていただいたので、こちらもご紹介しますね~!

 

サロン、お楽しみに!

 


オンラインなのに対面レッスンに参加できる『ハイブリッドバレエレッスン』

 

コーヒー一杯の料金で自宅でレッスン『おうちdeバレエ団』

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

 

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    コメントを残すにはログインしてください。

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください