fbpx

生徒を見ないバレエレッスンで良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今から約3年半前に『おうちdeバレエ団』のオンライン配信がスタートしました。

 

2018年4月のことです。

 

初心者と初級の2つのレベルで、各12課のバレエレッスン。

 

その12課のレッスンを各4回のレッスンに分けて解説していくというものです。

 

生徒さんのコメントはいつも私の励みになります。

 

そのコメントで多かったのは、

 

「私のことを見ていないはずなのに、私の間違いを的確に指摘し、指導するのは、本当にマジックみたいです」

 

なぜ、見ていない生徒さんの間違いを指摘できるのか?

 

そしてなぜその間違いに対して的確な指導ができるのか?

 

それには秘密があります。

 

最初に断っておくと、私の実力ではありません。

 

ロシアバレエ教授法の指導項目の中に

 

よく起こる間違い

 

というものがあります。

 

教授法の講義では、

 

  • ステップ名
  • フランス語の意味
  • 動きの意味
  • 動きの説明
  • 動きの目的
  • コーディネーション
  • 音のとり方
  • 行い方
  • 学び順
  • 課題
  • よく起こる間違い
  • コンビネーションの組み方

 

と言った項目を学びます。

 

この中に入っていますね。

 

すでにお気づきかも知れませんが、この中のいくつかは生徒側が知り得ないことです。

 

よく、ある日を境に生徒(ダンサー)だった人が教師になってしまうと言うことが起こるのですが、これらが抜け落ちたレッスンをすることになりますね。

 

それをバレエのレッスンと呼んで良いものかはなはだ疑問ですが、それが日本の標準だったりします。

 

歴史あるロシアバレエ教授法の中では、「よく起こる間違い」は、どの生徒でも起こしやすいものとして捉えています。

 

なにせ、厳しいオーディションで選ばれるような身体条件を持った国立バレエ・アカデミーの生徒が起こす間違いです。

 

選ばれた子たちでさえ間違うことを、選ばれていない大人リーナが間違わないわけはありませんね(泣)

 

ですので、生徒さんを見なくても大体において間違いを指摘することができます。

 

そして、教授法のちからを借りれば、その間違いを直すための指導はさほど難しいものではありません。

 

この教授法は、一度理解すればすべての動きに応用できる思考法と言えるほど万能です。

 

ロシアバレエ教授法を作ってくださったアグリッピナ・ワガノワ先生に大感謝です。

 

 

さて、『おうちdeバレエ団ロシア版』が近々配信される予定です。

 

ここではロシアメソッドに則った教科書通りのデモンストレーションを見ながらレッスン解説を聞くことができます。

 

振りを覚えなくていいんです。_φ(^ ^)

 

100%ロシアメソッドなので、教授法の真骨頂です。

 

ロシアメソッドは難しいと感じていらっしゃる方も多いかと思いますが、

 

それはおそらく、メソッドの断片だけを見てのこと。

 

原理原則を知らずに表面的な動きやポーズを追いかけているから難しく感じられているだけです。

 

ロシアバレエ教授法を深く理解すれば、決してそのようなことにはなりません。

 

論理的に、力学的に理にかなった動かし方をするので、合理的に頭を使うことが得意な方はロシアメソッドが

 

性に合っていると思います。

 

正しさ優先のレッスンです。

 

感覚優先ではありません。

 

いつも感覚を重視しながら踊っている方には不向きかもしれません。

 

頭を使うレッスンです。

 

要するに必ず上達するということです。

 

感覚重視のレッスンは、教師の前で自主練しているようなものですので、

 

往々にして上達のスピードが極めて遅いです。

 

10年前と同じことを学んでいる、とか。

 

非効率的ですね。

 

楽しいかもしれませんが…

 


オンラインなのに対面レッスンに参加できる『ハイブリッドバレエレッスン』

 

コーヒー一杯の料金で自宅でレッスン『おうちdeバレエ団』
(まもなくロシア版がスタート!)

 

大人バレエのお悩みバスターズ

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単なロシアバレエのメール講座



バレエ上達に役立つメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。


メルマガに登録する

●SNSでもご購読できます。

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください