fbpx

バレエの教授法

●●が理解できればバレエの教育はそれほど難しいものではありません。

「●●が理解できればバレエの教育はそれほど難しいものではありません。 」

 

2018年12月にワガノワ・バレエ・アカデミーで行われた「ワガノワ・バレエ教師再教育プログラム」

 

このプログラムに参加した際に、ワガノワ・バレエ教授法最高責任者M.A.Gribanova 先生から伺った言葉です。

 

●に何が入ると思いますか?

 

バレエ教育に必要な一言が入ります。

 

続きを読む

バレエで優雅に動くために必要なこと

ロシアの国立バレエ学校では、

 

生徒達はクラシックバレエの他に様々なレッスンを受講します。

 

ヒストリカルダンス、バレエ体操、デュエット、アクチョール、キャラクターダンスなど。

 

ヒストリカルダンスは、優雅な動きをマスターするためには必要不可欠なレッスンです。

 

日本では、馴染みがありませんね。

 

ロシアでは1年生(10歳前後)からクラシックと並行して学びます。

 

続きを読む

バレエの初級・中級と上級の指導は何が違うのか?

コンビネーションを組むのがとても上手な教師がいます。

 

ワガノワ・バレエ・アカデミーなら、

 

シトニコワ先生や、ディアナ・ヴィシニョーワを育てたコワリョーワ先生。

 

多彩な動きを生徒たちに提示するスペシャリストです。

 

ところで、このコンビネーションを組む能力はすべての教師に必要かというと、そうではありません。

 

続きを読む

グラン・ジュテの手前のステップには、何がある?

バレエを学んだことのある方なら誰もが知っているあのアンシェヌマン。

 

そう、それは、

 

トンベ、パ・ドゥ・ブーレ、グリッサード、グラン・ジュテ

 

初心者でも知っているアンシェヌマンではないでしょうか?

 

「この動きをしないと踊った気がしない」

 

という方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、そのアンシェヌマンだけで本当にいいの?

 

続きを読む

バレエを自由に踊るために必要なもの

バレエ教授法を学び、その学びを指導に活かすようになって 

 

つくづく、バレエに必要なものが何か、気づかされるようになりました。

 

現在、教授法で7年生の課題を学んでいますが、   これがめちゃくちゃ面白い。

 

あー、これこそがバレエだ!と思うステップばかりなんです。

  続きを読む