全く同じ年数、全く同じバレエ学校に通っても全く別なバレエ人生を迎えることになるたった1つの違い

ワガノワ・バレエ・アカデミーは、4月後半からとても忙しくなります。
 
進級試験が、毎日のように行われるからですね。
 
クラシック・バレエ以外のダンスも含めての試験。
 
生徒たちのスケジュールはとてもハードです。
 
続きを読む

村娘になるな、貴族になれ

villagegirl

夏はコンクールの季節です。

何度か生徒を参加させていますが、

会場では毎回というほど、目にする奇妙な光景があります。

続きを読む

脚をア・ラ・スゴンドの腕の前に上げてはいけない理由

ワガノワ・バレエ・アカデミーの先生が、大変困っていたある生徒がいました。
 
バレエ夏期講習の正しい受け方ご存知でしょうか? の続きです。
 
彼女はグラン・バットマンの横の時に、脚をア・ラ・スゴンドにした腕の前に上げていました。
 
これはクラシックバレエではありえないポジションなのですが、何度注意しても同じ過ちを繰り返す彼女。
 
続きを読む

バレエ夏期講習の正しい受け方ご存知でしょうか?

あと数ヶ月もすれば夏休みがやってきます。

様々な講習会が開かれる夏休みは、バレエ教師にとっても生徒にとっても、学びの季節です。

続きを読む

踊れる人をもっとうまく踊れるようにするのと、踊れない人を踊れるようにするのとではまったく違うのです

バレエは様式美の芸術です。

決められたポジション・方向・身体の使い方があります。

それを全ての人に教えることは可能でしょうか?

続きを読む

バレエの上達、出来ないのは誰のせい?

上達しないのは誰のせい?
 
もしあなたがこう聞かれたら、どう答えますか?
 
今回は、教師について少し考えてみます。
 
教師を3つのタイプに分けてみます。

続きを読む

バレエでは、身長の高さも実力のうち

バレエ団の入団オーディションの応募条件には、
 
「身長●●cm以上」
 
と、身長の規定があります。
 
日本では、女性で160cm前後になっているものを目にします。
 
海外での身長規定は、日本よりも高いようです。
 
続きを読む

日本人留学生が感心される本当の理由

Good, Better, Best

世界で活躍する日本人バレリーナ、バレリーノが多くいます。
 
彼らの踊りを見るたびに、日本人のバレエが世界で認められていることを誇らしく思います。
 
ですが、
 
そう喜んでばかりもいられないのです。
 
続きを読む

ルルヴェが安定しない意外な理由

イカ型が問題

日本人に多く見られる足の形で一番多いのはエジプト型です。

その後にギリシャ型、スクエア型と続きます。

日本人の統計では、エジプト型が7割、ギリシャ型が2割、スクエア型が1割というのが、おおよその割合となっています。※1

続きを読む

全てを伝える指導と、上達させる指導は違う

ワガノワ・メソッドの教授法では、

「これは教師が知っておくだけでよい。
 生徒には伝えない。」

という考え方で指導することがあります。

例えば、ワガノワ・バレエ・アカデミー7年生で学ぶ

「パ・ドゥ・シゾー」

続きを読む