バレエ教師の実力は「レッスンが始まる前」に決まる

レッスン前の準備が大事

私が生徒として、気軽に通っていたオープンクラスでのレッスンで、
よく、同じアンシェヌマンを踊っていたことがあります。
 
その先生が振りつけるグラン・アレグロのアンシェヌマンは、
いつも大体決まったことしかしなかったのです。
 
トンベ・パ・ドゥ・ブーレからグリッサードしてアラベスク、
シャッセからアントルラッセして、
最後はつなぎのステップが入ってのグラン・ジュテ。
 
続きを読む

ずっと押し忘れていたバレエ上達のスイッチ

プロになるには、
 
バットマン・タンデュをいったい何回行うのだろう?
 
何事も上達するには、反復が大事。
 
とはいうものの、いったい全体何回繰り返せば良いのでしょうか?
 
国立バレエ学校のカリキュラムから試算してみました。
 
続きを読む

くれくれ星人現る〜ワークショップの上手な質問の仕方

国内外を問わず、有名講師が開催するワークショップ (WS) には、

大勢の参加者が集まります。

ワークショップには、たいてい質問する時間が設けられているはずです。

その時間に

「質問のある方?」

と講師が聞いても、
何の反応もない事が珍しくありません。

これは大変もったいない。

続きを読む

脚をア・ラ・スゴンドの腕の前に上げてはいけない理由

ワガノワ・バレエ・アカデミーの先生が、大変困っていたある生徒がいました。
 
バレエ夏期講習の正しい受け方ご存知でしょうか? の続きです。
 
彼女はグラン・バットマンの横の時に、脚をア・ラ・スゴンドにした腕の前に上げていました。
 
これはクラシックバレエではありえないポジションなのですが、何度注意しても同じ過ちを繰り返す彼女。
 
続きを読む