バレエ教授法とは

「バレエの法則」を生徒たちに習得させることがバレエ教授法の目的です。

単にテクニックを習得させることや、教師の個人的感覚を見よう見まねでコピーさせることではありません。

生徒の特性や発達段階を考慮しつつ、8年間かけてバレリーナに育て上げていく。

そのための活動のすべてがバレエ教授法であり、バレエ教師の仕事となります。

本カテゴリーでは、バレエ指導上のコツや、バレエ教師として持ちたい観点、バレエ教師としてのあり方など、について書き連ねています。