バレエの教授法

バレエ教室でパワハラに困ったらお読みください

アスリートの世界でのパワハラが注目されています。

バレエ界ではどうでしょう?

続きを読む

『白鳥の湖』オデットとオディールのヴァリエーションをバレエ教授法的に考察してみると…

先日、なんとなく見ていた動画サイトで

「オデットVa 初心者バージョン」

というものを見つけました。

そこで目にしたものは、バレエの奥深さを改めて感じさせてくれるものでした。

続きを読む

バレエにおける上半身の形と使い方17のチェックポイント

8/22(水)のバスターズのテーマは

「引き上げ」

でした。

引き上げはもちろん筋肉の作用なのですが、

筋肉が正しく動くためには、正しい形というものが存在します。

今回はその形についてお話します。

続きを読む

首が美しくなるバレエ・メソッド

一昨日、私が師事するワガノワ教授法の先生の座学を受けたあと、実技のレッスンを受けてきました。

普段は座学のみの受講なのですが、今回は実技も、です。

翌日の私がどうなったかと言うと、

 

首が筋肉痛(泣)

続きを読む

レッスンの質が上がり仕事が減ることになったバレエ教師の体の異変

バレエ教師を始めた頃、毎日6時間ぐらいレッスンを担当していました。

その状況が続くうちに、体に異変が起こってきました。

全身のむくみと湿疹で、日常生活もままならないようになりました。

病院での診断は「過度なストレスによるもの」

「このままでは過労死…」

と、不安がよぎりました。

続きを読む

プリエとバットマン・タンデュはワガノワではどう変わるのか?

「ワガノワe-予備校」が開校しました。

私は校長を務めさせていただいてます。

「おうちdeバレエ団」では団長、「ワガノワe-予備校」では校長です。(笑)

講義はほぼ全てeラーニングという画期的(?)なバレエの学校です。

続きを読む

ワガノワ・メソッド理解の5段階。私の場合。

毎週火曜14:00-15:30に、表参道のリビーナにてワガノワ・バレエ教授法をワガノワ教師課程ディプロマ取得の先生に師事して学んでいます。

私が、どのようにして、ワガノワ・メソッドを理解していくのか、その流れを5つの段階に分けてご紹介します。

続きを読む

大人リーナには「間違い」をいつ伝えるかが大事

「おうちdeバレエ」では、デモンストレーターの動きを見ながら、私の声だけの解説でレッスンが進みます。

そのレッスンで効果が出て、「地元のスタジオの先生に褒められるようになった」というお話を、最近いただきました。

スマホを見るレッスンで、なぜすぐに上達できたのでしょう?

続きを読む

プリンシパルとコールドで異なる視線と上体の使い方

ワガノワ・バレエ・アカデミー教授法資格取得者の先生から教授法を師事しています。

毎週火曜に講義を聴きに行っています。

毎回新鮮な情報が手に入るので、楽しんで聴講しています。

 

前回の講義では、ちょっとした話の流れから

「プリンシパルとコールドの差」についてお話がありました。

一体、どのような差でしょう?

続きを読む

『ワガノワe予備校』無料受講登録受付中!

 

続きを読む