fbpx

あなたが指導でつまずくのは、決してあなたのせいではありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私が、カリキュラムを作るキッカケとなった、
1つのエピソードがあります。
 
随分前のことです。
 
当時スタッフだった先生に就学前の生徒と、
小学低学年のクラスを担当してもらっていました。
 

その先生には、クラス担当のための参考資料として、
市販されている、指導対象年齢用のレッスンDVDと、
そのDVDに合ったCDを渡していました。
 
事前の打ち合わせでは、
 
「問題ないです。指導できます!」
 
という言葉をもらっていたので、
安心して任せていました。
 
ですが、
レッスンを担当して数週間して、意外な言葉を聞くことになったのです。
 
「レッスンで子どもたちに
 どういう言葉がけをして良いのか分かりません。
 DVDに出ているステップの提示は出来るのですが、
 何を注意すれば良いのか分かりません。」
 
というもの。
 
デモンストレーションはできるけど、
指導ができない。

 
大問題発覚です。
 
さて、どうしようか?
 
私が全てのクラスを受け持つには、
とても体力が続かない。
 
スッタフの先生の指導力不足を
すぐ解決するしかない…。
 
でも、先生の指導力を向上させるのは
時間がかかる…。
 
クラスは毎週やってくる。
 
待ったなしだ。
 
そこで出た結論が、
 
カリキュラムを作るしかない!
 
そうです。
 
こうした経緯があって、
カリキュラムを作ろうと思い立ったのです。
 
いざ作るとなっても、
その場しのぎのものにはしたくなかった。
 
担当の先生の負担を減らしつつ、
レッスンの質は落とさない。
 
私の分身が教えているような状況にしよう。
 
でも、それまでバレエのカリキュラムなど作ったことはなかった。
 
そこで、私が考えた構想は…
 
次号で書きますね。
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください