fbpx

足裏と趾のエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエの上達を早めるためにオススメなのが、足裏と趾(足指)を鍛えること。

足裏と趾を上手に使えるようになると、身体のバランスが整い、動きやすくなります。


足を鍛える具体的な動きをご紹介します。

足のエクササイズ
(再生すると音が出ます。)

1.低いルルヴェで歩く

かかとを床から2~3cmぐらい上げた低いルルヴェで、足裏が疲れるまで歩きましょう。

これを3ヶ月ぐらい続けると、足裏が相当鍛えられます。

2.趾のたぐり寄せエクササイズ

座位でも立位でもどちらでも行えるエクササイズです。

自分の前にゴムを広げ、付け根を折るようにして趾でゴムをたぐり寄せるようにします。

セラバンドなどのゴムがなければ浴用タオルなどで代用できます。

このとき、趾を丸めないように(熊手のようにならないように)付け根だけを折るようにして動かしてください。

3.足裏のアーチを強化する

趾を全く動かさずに、足裏のアーチを上げましょう。

このとき、趾を丸めてしまってはアーチの意識は出来ませんので、趾は伸ばしたままにするのがポイント。

足の長さが1cmほど短くなるように、アーチを上げていきます。

大変難しいエクササイズですが、引き上げは足裏から始まっていますので、ぜひ根気強くトライしてください。

4.趾付け根のストレッチ

片足を6番にして、壁に向かいましょう。

趾をフレックスして、趾裏が壁につくようにストレッチします。

徐々に趾裏のストレッチを強めていき、最終的には趾裏が全て壁につくようにしましょう。

ご紹介した4つのエクササイズ、やり続ければ必ず効果が出ますので、地道に続けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単なロシアバレエのメール講座



バレエ上達に役立つメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。


メルマガに登録する

●SNSでもご購読できます。

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください