ワガノワ・バレエ教授法カードの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワガノワ・メソッド1年から3年までの教授法カードが完成しました。

どのようにして作成したかと言うと、

  1. 教授法の講義受講
  2. 講義内容をその場でノートにとる
  3. その日のうちに清書
  4. カード作成

と、このような手順を踏んで作成しました。

 

カード化するにあたって気をつけたことは

  • 文字の大きさ
  • レイアウト

レッスン中にカードを見ながら指導しようと思っていたので、文字の読みやすさ、レイアウトの見やすさは大事です。

 

例えば、カリキュラム指示書(これも作成しました)に書かれている 2年生の課題、Temps relevé にはこう書かれています。

●Temps relevé(カードNo.B 16)

{(1/4)en dehors}*3+(4/4)Ⅴに閉じる+{(1/4)en dedans}*3+(4/4)Ⅴに閉じる

♪ 1・2・ト・3・4は教授法カード通り

3回終わったら

1 tenduに置く

2 手allongé

3・4 脚Ⅴに入れながら手下げる

Pas の名称、実施する動きと回数、終わり方が書かれています。

 

カードの出番は生徒さんに指導するときです。

  • 動かし方(軸脚、動脚、手、頭)
  • 課題
  • 音の取り方
  • よくある間違い
  • 注意点
  • アンシェヌマンの組み方

などがカードに書かれています。(下記画像参照)

 

カリキュラム指示書では大まかな動きの回数

教授法カードには指導ポイントと音の取り方

このように大局から小局に向かっていきます。

 

スタジオにあるオーディオラックに洗濯バサミでカリキュラム指示書と教授法カードを挟んで

それを見ながらレッスンしています。(笑)

何故見ながらレッスンしているかと言うと、自分の記憶に自信がないからです。(笑笑)

 

正確な情報を生徒さんにお伝えしたい。

その思いがあると、自分の記憶を過信することはできません。

 

教授法を普段のレッスンに落とし込むことはこれで完了です。

次のステージは、、、

 

「一つずつの Pas に対して1年生から8年生まで課題をひとまとめにすること」

師事している教授法の先生から私への宿題です。

大変勉強になる宿題なので、やり抜きたいと思っています。

 

バレエ教師にとっては、指導のしやすさはとても大事です。

カリキュラムがあって、指示書があって、教授法カードがあれば、大変指導しやすいと思います。

そして、質が保てます。

4月から上記のように指導していますが、とても指導しやすいです。

 

バレエ教師のみなさんとこの指導の仕方を共有できたらいいなぁ〜。

ということで、

『ワガノワバレエアカデミー教師再教育プログラム』模擬試験&傾向と対策講座

を開催します。

詳細はこちら

バスターズフェスタ同様、オンとオフで開催です。ぜひご参加ください!

 


『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

大人バレエのお悩みバスターズ

●SNSでもご購読できます。

Please Login to Comment.

*