大人リーナにありがちなジャンプの間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

グラン・パ・ド・ドゥのコーダの軽やかなジャンプ。

 

誰もが憧れるステップ。

 

グラン・アレグロで、軽やかに高く跳べたらどんなにか気持ちいよいことでしょう!

 

でもその前に、やはり基本は大事なわけで。。。

 

 

ジャンプが上手に跳べない時、私が疑うのはいつもプリエです。

 

正しいプリエをしていればジャンプが上手く行かないということはほとんどありません。

 

上半身垂直で、かかとで床をしっかりと踏み込むプリエ。

 

これができればジャンプはきれいに跳べます。

 

大人リーナを指導していて、とても多い間違いがあります。

 

それはジャンプの入り直前にかかとを上げてしまう

 

というものです。

 

これをすると、かかとで床を踏めないので、高いジャンプが得られません。

 

ジャンプのための力が足りないので上半身で助けようとします。結果上半身の垂直が崩れます。

 

ジャンプは脚、上半身はポーズを保つだけ。

 

このシンプルな法則を守るのがとても大変ですね。

 

 

私が指導の現場でお伝えしていることは、

 

ジャンプはルルヴェの延長

 

ということです。

 

ルルヴェに立つ直前、かかとはしっかりと床を踏めていると思います。

 

ルルヴェに立つようにジャンプする。

 

この意識だけで、ジャンプの問題が大分解消されるはずです。

 

ぜひ、ルルヴェと同じようにジャンプしてみてください。

 

 


 

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

 

 

●SNSでもご購読できます。

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください