fbpx

バレエを自由に踊るために必要なもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエ教授法を学び、その学びを指導に活かすようになって 

 

つくづく、バレエに必要なものが何か、気づかされるようになりました。

 

現在、教授法で7年生の課題を学んでいますが、   これがめちゃくちゃ面白い。

 

あー、これこそがバレエだ!と思うステップばかりなんです。

 

 

7、8年生の課題は舞台で踊られるステップがほとんどです。

 

なので、踊った感たっぷりなんです。

 

1年から6年までは、不自由なんです。

 

もちろん、学年が高くなればなるほど、自由度は増しますが、

 

7年生は視界が広がっていく感覚があります。

 

やはり、教授法で学ぶ8年間の段階はとても大事です。

 

この7、8年生で学ぶ舞台用の課題のために、

 

それまでの6年間の課題が必要だったんだーということが、よくわかります。

 

知らないと、この気づきは得られません。

 

やはり、知識は必要です。

 

 

私も、バレエ教授法を知らないまま、好き勝手に教えていた時期がありました。

 

なんでも言えるような気がしていました。

 

知らなかったから。

 

でも今は、知ってるからこそ、言葉を選んで指導するようになりました。

 

好き勝手さは一切ありません。

 

 

自由に踊れるようにするためには、

 

生徒には不自由な前段階が必要ですし、教師には理論が必要です。

 

不自由の先に、自由がある。

 

 

やはり、バレエは面白いです。

 


 

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください