fbpx

ヴァリエーションを踊る前に知っておいた方が良いこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨年の年末にコンクールに出場する中学生のヴァリエーションを指導をする機会がありました。

 

自分が通うスタジオの指導では足りないと感じたのか、私の指導を仰いできたのです。

 

その生徒の動きには足りないものがあると感じました。

 

その中から3つご紹介します。

 

 

最初にお断りしておくと、足りないのは生徒のせいではありませんでした。

 

それを踏まえて書かせていただきます。

 

まず、役の解釈が足りませんでした。

 

自分が踊る役柄が、庶民なのか、農民(ペザント)なのか、上流階級(貴族、王族)なのか、職業は何なのか、国はどこなのかなどの情報が必要です。

 

まずこの解釈を教えてもらってなかったとのこと。

 

役柄によって、上体の使い方がまるで違います。

 

上流階級には上品な動かし方があるし、ペザントにはペザントに合った動きというものがあります。

 

また、国によっても上体と腕の使い方は相当違います。

 

そこが抜けていました。

 

 

次に、正しいステップを知らなかった。

 

シソンヌなのか、グリッセなのか。

 

シソンヌなら、必ず両足踏み込みでないと行けません。

 

グリッセからの動きなら、軸足のみの踏み込みです。

 

それも教わっていなかった。

 

 

また、プリエから動くのか、トゥに乗ったまま動くのか。

 

そこにも教授法的な考え方がありますが、そこも抜けていた。

 

 

これは大きな問題です。

 

生徒にヴァリエーションを踊る実力があるかないか、の以前に、

 

教師にヴァリエーションを指導する知識がない!!!

 

教師に知識がなくて、生徒が正しく踊れなかったら、誰が責任を取るのでしょうか?

 

バレエ教授法修得を謳っていてこれでは、目も当てられませんね。

 

「練習不足」や「努力不足」と言えば、もっともらしく生徒のせいにすることができます。

 

教師の力不足を補うほど努力を重ねるのは、不可能ではないかも知れません。でも、怪我のリスクが高まります。

 

生徒さんや保護者の方は自衛が必要です。

 

今の日本のバレエ教育は、まだそう言う段階です。

 

自衛する目を養っていただくためにも、このブログを読んでいただけたらと思います。

 

さて、先ほどの彼女には少ない指導時間しかありませんでしたので、上体の動きを少し変化させる程度に留めました。

 

彼女がそれを習得出来るのを見れたのは救いでした。

 

日本にはコンクールがたくさんあります。

 

生徒をコンクールに出そうとする教師もたくさんいます。

 

ですが、教師にそもそもの指導力がなければ、生徒が開花するかどうかは運次第。

 

あるいは、独学力次第です。

 

独学なら教師はいらないですね。

 

そんな状況から一刻も早く抜け出すために、バレエ教授法がバレエ教師の中に普及することを切に祈ります。

 

 


 

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

 

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください