fbpx

昔からあった第三のプリエ、クォーター・プリエ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回のお話は、自分が編み出したと思っていた概念が、はるか昔に既に存在していたという話。

 

2014年3月27日に

 

All About に執筆した内容がクォーター・プリエについてでした。

 

普段のレッスンでもクォーター・プリエの話をします。

 

そして、つい最近、このクォーター・プリエという言葉を聞くことになったのです。

 

チェケッティ・メソッドの先生から…。

 

『THE ENRICO CECCHETTI DIPLOMA』というDVDを視聴しました。※

 

このDVDはプロのダンサーを対象としたチェケッティ・メソッドの動きを集めたものです。

 

そこで、マスター・ティーチャーのダイアン・ヴァン・スクーア先生が「クォーター・プリエを通して」と仰っていたのです。

 

 

7年前にクォーター・プリエの概念を自分で編み出したと思っていましたが、

 

なんとなんともっともっとはるか昔にクォーター・プリエの概念が存在したいなんて!

 

思い上がるにも程がありますね(泣)

 

 

「柔らかくプリエに入る」

 

という言葉だけではどうしても理解が難しい場合があります。

 

もっと目に見える形としての概念が必要です。

 

そこで考えついたのが、クォーター・プリエという概念でした。

 

チェケッティ先生も、概念として使っていたんですね。

 

もしかしたらスクーア先生が考え出したものかも知れません。

 

チェケッティ・メソッドに明るくないので、どうも判断材料が乏しいです(泣)

 

誰が編み出したか、ということが大事ではありません。

 

その概念が上達に役に立つかどうか、ということが大事です。

 

大人バレエの生徒さんと教師にこの概念が浸透すれば、きっと怪我の発生率が減るだろうな、と思いますね。

 

そんなことを考えながら、チェケッティ・メソッドのシステムとロシアバレエ・メソッドのそれとの違いに思いを馳せてみる今日この頃です。

 

参考資料

プリエの新常識「第三のプリエ」のすすめ

 

 


オンラインなのに対面レッスンに参加できる『ハイブリッドバレエレッスン』

 

コーヒー一杯の料金で自宅でレッスン『おうちdeバレエ団』

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

 

 

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    コメントを残すにはログインしてください。

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください