fbpx

エンタメバレエと上達バレエの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエレッスンをエンターテイメントとして捉えたとき、

 

バレエ教師の役目は何でしょう?

 

上達させることをバレエレッスンと捉えたとき、

 

バレエ教師の役目は何でしょう?

 

バレエ教授法を学ぶ以前の私は、まさしくエンターテイメントバレエレッスンを行っていました。

 

バレエ教授法を学んだ今の私は、上達バレエレッスンを行っています(少なくともそのつもり)。

 

両方を経験して感じること、それは…

 

 

エンターテイメントバレエレッスンでは、

 

生徒さんがとにかく楽しむということが大事です。

 

生徒さんに喜んでいただくことが最優先なので、

 

指導そのものは、当たり障りのない表現に留めるでしょう。

 

「もう少し○○した方がいいですよ」

 

「なんかちょっと違うな。○○してみて。あ~、そうそうそう言う感じ!」

 

ひょっとして聞いたことのあるフレーズかも知れませんね。

 

それに対して、上達を導くレッスンでは

 

「違います。○○の動かし方が間違っています。正しくはこうです」

 

生徒さんにとっては逃げ場のない指導をされることが多いのではないでしょうか。

 

自分の動きを否定されるので、あまり心地よいとは言えませんね。

 

ですが、上達します。

 

  エンタメ
レッスン
上達
レッスン
心地よさ
上達

 

エンターテイメントバレエレッスンと上達バレエレッスンの比較です。

 

生徒さん自身が何を求めているのかご自身で見極めることが大切です。

 

「心地よさを満たしつつ、上達もしたい」

 

二兎を追う者は一兎をも得ず

 

これは真理ですね。

 

選択と集中。

 

どちらか一つに絞って行動しましょう。

 

 

そもそも、エンタメバレエと上達バレエをどうやって見分ければよいのでしょうか。

 

エンタメバレエ教師は、生徒さんが気持ちよくレッスンできるような声がけをしてくれます。

 

バレエそのものを教えるというより、雰囲気作りを重視。

 

まさしく生徒さんが主役になるようなレッスン。

 

それに対して上達バレエ教師は、主役は生徒さんではありません。

 

主役はバレエの正しさです。

 

生徒さんの立ち位置は、その正しいバレエを学ぶというところです。

 

正しいバレエが最優先なので、生徒さんの気持ちはウキウキとはならないでしょう。

 

むしろ、否定され傷つき、へこたれるかも知れません。

 

それでも良いと思えるのは、自分に対して厳しいから。

 

そして、その先には上達が待っています。

 

上達した自分に心地よさを感じるならこちらです。

 

同じ「心地よさ」と言っても、中身は真逆ですね。

 

 

あなたはどちらを心地よいと感じるでしょうか。

 

 


オンラインなのに対面レッスンに参加できる『ハイブリッドバレエレッスン』

 

コーヒー一杯の料金で自宅でレッスン『おうちdeバレエ団』
(まもなくロシア版がスタート!)

 

大人バレエのお悩みバスターズ

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単なロシアバレエのメール講座



バレエ上達に役立つメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。


メルマガに登録する

●SNSでもご購読できます。

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください