バレエのバイブル

バレエ教師という仕事を行う上で、この書物は絶対に必要だ。

 

という書物が、教師の方ならあるでしょう。

 

私にもあります。

 

続きを読む

パ・バロネに見るバレエステップの発展系

パ・バロネ

「ワガノワ及びスチュアートのテキストでは、バロネ・サンプルをこのように呼ぶ。且つ5番から始まる場合のみを記述している」

バロネ

「バロネは「ボールのようにふくらんだ」の意。ポアントまたは、ドゥミ・ポアントで行われる場合もあるが、基本概念としては「片足でけり上げながら他の片足で踏み切って跳び、踏み切った足のドゥミ・プリエに下り、けった足をスュル・ク・ドゥ・ピエにするパ」である。」

(『バレエ用語辞典』 川路 明著 東京堂出版 33pより引用)

 

フランス語表記は Ballonné。風船を膨らませるということです。

 

バロネの行い方、わかりましたか?

 

もし文章ではわかりにくいという方は、ジゼル1幕を想像して下さい。

 

続きを読む

バットマン・スートゥニュの行い方

バットマン・スートゥニュのフランス語表記は、

 

Battements Soutenus です。

 

Soutenu の意味は、「支える」。

 

下から何かを支えるという意味です。

 

また流れるようにというニュアンスもありますので、

 

「どこも途切れることなく下から支える」という意味になります。

 

一体どのような動きかイメージできますか?

 

続きを読む

バレエという伝統芸能に今一番必要なもの

歌舞伎は日本を代表する伝統芸能の一つですね。

 

では、バレエはどうでしょう?

 

発祥は日本ではありませんが伝統芸能と呼べるでしょうか?

 

続きを読む

シェネの習得法と注意事項

シェネの完成度は、どこにかかっているかご存知でしょうか?

 

バレエの回転技の中でもっとも速く回転するテクニックがシェネです。

 

この問いの答えが、高速回転のシェネをマスターする鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

続きを読む

デュエットで代表的な三種類の手の握り方

男性とデュエット(日本ではアダージョという言葉が一般的です)を踊る時、

 

手をつないでバランスをとったり、回してもらったります。

 

バランスの代表格、アチチュード。

 

アチチュードでのバランスやプロムナードの時、手の握り方に三種類あることをご存知でしょうか?

 

続きを読む

大学のバレエ科で学べないもの

音楽大学のバレエコースを受講している学生さんが

 

縁あって私のレッスンを受講してくださっています。

 

私が伝える「バレエの法則」、初耳だそうです。

 

バレエを教える大学で聞いてないの…?

 

続きを読む

ステップとステップをバレエの法則で結べ

バットマン・タンデュ

バットマン・タンデュ・ジュテ

ロン・ドゥ・ジャンブ・パール・テール

バットマン・ルルヴェ・ラン

グラン・バットマン・ジュテ

 

上記ステップの共通項は?

 

続きを読む

バレエの法則とバレエイラスト

先日、当スタジオにいらした生徒さんからとてもうれしいお話を伺うことができました。

 

その生徒さん、バレエのイラストを描いていらっしゃるとのこと。

 

アラベスクのポーズを描く際に、何かしっくり来ないものを感じていたそうです。

 

たまたま私のバレエの法則動画「アラベスク」を見たそうです。

 

動画では、理想的な第1アラベスクについて解説しています。

 

その中のある一言を聞いて、アラベスクがスムーズに描けるようになったそうです。

 

続きを読む

バレエと「好きこそ物の上手なれ」

何かを成し遂げるには、「好き」という気持が大事。

 

ですが、「好き」だけではどうにもならないということもあります。

 

 

続きを読む