fbpx

私のいない私のバレエレッスン〜作った本人編 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私のいない、私のバレエレッスンで触れた自作のカリキュラムのメリット。
 
今回は、作った本人のメリット編です。

3回シリーズの2本目、始めます。
 

「バレエカリキュラム5つのメリット」
 
1.担当教師のメリット
2.子ども生徒のメリット
3.大人生徒のメリット
4.作った本人のメリット
5.代講時のメリット
 
作った本人のメリット その1便利! でした。
 
今回の「作った本人のメリット その2」は?
 
仕事と家庭の両立
 
です。
 
 
カリキュラムがなかった時、
私がレッスンの準備に費やす時間と手間、
そして、先生にお願いした後のいろいろな問題、
これらに対応するのに、苦労しました。
 
長女が3歳、長男が1歳の時に立ち上げたバレエ教室。
毎日毎日が、めまぐるしいスピードで流れて行きました。

私自身、体調を崩すことも多く、
体力的な難しさを感じていました。

子育てでもイライラする事が多かったのを覚えています。
 
それでもなんとか踏ん張って頑張ってきましたが、

カリキュラムを作ったおかげで、この生活が劇変したのです。
 
カリキュラムを作って起きた変化はざっと挙げると次の四つ。
 
1.子育てにイライラしなくなった
2.食事を作る時間が増えた
3.子どもが病気になっても対応が出来るようになった
4.レッスンがシステマティックになった

要するに、

仕事と家庭の両立ができた!(^_^)☆
 
なんです。
一つひとつ見ていきますね。
 
1.子育てにイライラしなくなった
 
カリキュラムのおかげで、
レッスンを事前に構成する必要がないので
時間の確保が出来るようになりました。

結果、子どもにかける時間が増え、
余裕が生まれました。

子どもたちと穏やかにコミュニケーションが図れるようになって、

イライラしなくなりました。

  
2.食事を作る時間が増えた
 
私が疲れていた時は、出来合いのお惣菜を買ったり、

お弁当を買って、子どもに食べさせることがよくありました。

とてもとても料理する気力がなかったのです。

シリアルに牛乳をかけただけの夕食なんてこともありました。

それが日常となると、子どもも体調崩しますよね。

ただでさえ忙しいのに、余計に忙しくなる。

悪循環です。

でも、カリキュラムのおかげで、料理にかける時間を確保できるようになったのです。

今では、ドレッシング、マヨネーズなどの調味料まで手作りです。

美味しく作れたときは、とても嬉しい。

そんなことも楽しんでいます。

添加物王国の日本で、子どもの健康に気をつけられるようになったのは大きい変化です。
 
 
3.子どもが病気になっても対応が出来るようになった
 
子どもが病気になった時、主人に仕事を休んでもらったり、

遠方から実家の母を呼び、看病してもらったりしていました。

これはとても大変でした。

私がレッスンを休めなかったのは、
私しか指導できない状態だったからです。

ですが、カリキュラムがこのキツキツの窮状から救ってくれました。

代講の先生に簡単にお願いできるようになったからです。

レッスン内容のすり合わせなどを事前にする必要がないので、とても楽です。

以前と比べたら雲泥の差。

スタッフの先生間での代講もスムーズです。
 
 
4.レッスンがシステマティックになった
 
レッスン構成表にしたがって、レッスンを行うので、

その日の私の気分や体調などを一切考慮せずに、

カリキュラム通りにレッスンを行うことが出来ます。

とてもシステマティックにレッスンが進行できるようになりました。

結果、生徒たちの実力の向上も図れ、一石二鳥です。
 
 
いかがでしょうか?

こんなにカリキュラムの恩恵を受けられるとは思っていなかったので、
この効果や成果には、作った本人が驚いています。

ぜひ、みなさんにもこのカリキュラムの効果を試していただきたいと思います。
  
今回は、カリキュラムを使うと、仕事と家庭の両立ができた!と言うお話でした。
 
次回は時間を得ると、学びを得られるというお話です。
 
お楽しみに。
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください