fbpx

柔軟性と水分補給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「生徒に、どのタイミングで水分補給をしてもらっていますか?」

なぜこんな質問をしたかというと、

水分補給がバレエの上達に関係しているからです。

水分が不足してくると、のどが渇くわけですが、体には他にも変化が起きています。

その変化がバレエにとって、やっかいなものなのです。

その変化とは、


背骨の間にある椎間板から水分が抜けてしまう、というものです。

体の柔らかい組織の水分を維持するために、人間の体が持っている防衛手段の一つ。

それが椎間板からの水分浸出。

椎間板から水分が出てしまうと、背骨と背骨の隙間が狭くなります。

背骨と背骨の間が狭くなるということは、背骨の可動域に制限がかかるということです。

ということは、背中の柔軟性が損なわれるということになります。

椎間板が厚いと背骨と背骨の隙間が十分にあるので、背中の柔軟性が保たれます。

椎間板が薄いと…

背中が硬くなるのです。

のどが渇いた、と感じた時には、もうすでに椎間板から水分が抜け始めています。

だから、のどが渇く前に水分補給、が、正しい補給の仕方です。

それもちびちびと。

ゴクゴクじゃなくてちびちびです。

回数を多めにして。

昔は、教師の目の前でお水を飲むなんてもってのほか!!! という時代もありました。

精神論がはびこっていた、きつい時代でした。

レッスン中は、生徒のみなさんに存分に水分補給してもらってください。

ちなみに、水分補給に一番良いものは、

お水です。

お茶やスポーツ飲料よりも水が一番です。

お水以外だと、消化のために内臓に負担がかかるからです。

その分エネルギーが消費されるので、レッスン中には適さない飲み物となります。

ただ、スポーツ飲料については諸説あるので、「これが正しい!」とは断言できません。

ご自身のレッスンペースや、季節に合わせていろんな飲み方のパターンを試してみるのも良いかもしれません。
 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

コメントを残すにはログインしてください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください