fbpx

バレエオーディションで審査される12の身体的条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエの本場−ロシアでは、4つの基準で子どもたちを選びます。

  1. 外見
  2. 顔立ち
  3. 身体的条件
  4. 音楽性

3の身体的条件として、次の12項目が審査されます。

  1. 膝が飛び出ていないで脚のなかに収まっていること
  2. 脚を6番にしたとき、O脚でないこと
  3. 横から身体を見たとき、脚の付け根が曲がった「くの字」になっていないこと
  4. 横から身体を見たとき、お尻の下にくぼみが出来ていること
  5. 1番で立てること
  6. 扁平足でないこと
  7. 発達しすぎる太ももを持っていないこと
  8. 背骨が真っ直ぐであること
  9. 座高×100÷身長の値が、50〜52のなかに収まっていること
  10. 1番のドゥミ・プリエで膝がつま先の方に向くこと
  11. 軸脚アン・ドゥオールのままで動脚が後ろ・前・横によく上がること
  12. トランポリンジャンプで良く跳べること

3番目の項目では、骨盤の前傾がないか見ています。もし前傾があれば、反り腰、出っ尻と言ったアライメントの問題を抱えることになります。

また、股関節前側の靱帯が短い可能性があるので、アン・ドゥオールやアラベスクの動脚の高さが制限されるかも知れません。

9番目の項目では、脚の長さを見ています。

生まれつきよっぽどのモデル体型じゃないと通らないレベルです。

10番目の項目では、膝下の骨にねじれ(脛骨捻転)がないかどうかを見ています。

もしねじれがあると、正しいプリエができないので、上達の妨げになるからです。

11番目の項目では、特に後ろ方向への脚の上がり具合をチェックします。

高くなればなるほど軸脚が内側に向きやすくなります。

アン・ドゥオールを維持したまま高く脚を上げられるということは、股関節で良く開けているということです。
どれも厳しいですね。

解剖学的な標準からは、かけ離れたものばかりですので、ロシア人と言えども、容易にはクリアできそうにありません。

このような難関をくぐり抜けて入学できた子どもたちが、8年かけてバレエ教授法に基づく指導を受け、卒業し、プロになるのです。

上記のようなオーディションを経ていない方は、趣味の延長では到底追いつけそうにありません。

私がそうであったように、人一倍レッスンした所で身体を壊すのが落ちです。

少なくとも前提条件の不足を埋め合わせるための「何か」が必要です。
その「何か」については、今後お話していきたいと思います。

P.S.
※ すでにバレエトレーナーさん達と一緒に始めた大人向けのプログラムがあります。詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください