ワガノワバレエアカデミーに見るポアントのシソンヌと腕の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

両脚プリエから片脚のトゥに乗り、動脚をルティレにする動きがあります。

キトリがパッせしながら脚を素早く上げ下ろしするあの動きです。

 
正確には、

脚を入れ替えない動きを、Sissonne simple sur la pointe

脚を入れ替える動きを、Sissonne passé sur la pointe

と呼びます。

 
この動き、見た目以上にとても複雑なんです。

まずは、ワガノワ・バレエ・アカデミー2年生の動きを見てみましょう。

ポール・ドゥ・ブラをしながら行う動きに着目してみます。

ポール・ドゥ・ブラを行いながら2回連続で Sissonne を行っています。

最初は脚を入れ替えずに、続いて脚を入れ替えています。

 
本来、ここで行うべき腕の動かし方では、

脚を機敏に2回連続で動かしても、腕は流れるように柔らかく動かさなくてはなりません。

ワガノワ・バレエ・アカデミー生でも、下肢の機敏さと腕の優雅さを同時に行うコーディネーションは難しいのです。

 
では続いて、上記の2年生が3年生になってからの動きを見みましょう。

ポール・ドゥ・ブラを行いながら1回で脚を入れ替えています。

脚は機敏に、腕は流れるように、動けるようになっています。

成長を感じます。

 
ワガノワ・メソッドで身体の使い方で大事にしている概念は、

上半身は柔らかく

脚は機敏に

です。

この概念を叩き込むのに数カ年かけて取り組むのです。

 
Sissonne 一つの動きを見ても

8年かけて、どのようなダンサーを育てるのか、ということが垣間見れる気がします。

教育のシステムがとてもしっかりしているから

教師もそのシステムに従って生徒を指導していきます。

このシステムこそがダンサー教育水準を高く維持できる秘訣です。

 


スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    コメント

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください