バレエで肋骨閉めてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

肋骨閉めて!

と、指導されたことのある方はいらっしゃいますか?

 

私自身は、殆どありません。

ところが、なぜかこれ最近よく目にします。

そこで、これが本当に従うべき指導かどうか、調べてみました。

まずは、ミハイロフスキー劇場の Julia Lukianenko さんの美しい動きをご堪能ください。

肋骨、どうなっていましたか?

閉じてましたか?

どちらかと言うと、開いていますね。

 

ではどこから「肋骨閉じて」という指導がなされるようになったのでしょうか?

 

私が師事しているワガノワバレエアカデミー教師課程資格取得のロシア人の先生は、

「1年生の動かし方はロボットみたいなもの。そのロボットみたいな動かし方のままではいけません。その動かし方は1年生で終了して2年生からは新しい動かし方を学ばなくてはなりません」

と、おっしゃいます。

 

1年生では、上体はまっすぐ、腕・頭はほとんど動かさず決められたポジションを守ります。

それに対して2年生からは腕と頭を優雅に柔らかく使うように学びます。

この柔らかく使うためには、上体が固まっていてはうまく使えません。

 

上体をまっすぐにする1年生の課題では、肋骨を閉めていても脚は動きます。

2年生の腕と頭を柔らかく優雅に使う課題では、肋骨を閉めていたら課題がこなせません。

 

バレエは動く芸術です。

ポジションで静止している芸術ではないのです。

 

なので、肋骨、閉じません。

 

上体をまっすぐにするのが課題の、ワガノワメソッドの1年生では肋骨を閉じるという指示は出てきません。

どのようなラインを描くために、身体のパーツをこの位置に収めるという指示はあります。

でも肋骨に対する指示はありません。

 

冒頭の Julia Lukianenko さんが肋骨を閉じていたらどうなるでしょう?

あの優雅な腕と頭の動きは生まれるでしょうか?

 

 

意識を肋骨に向けるのではなく、肩甲骨に向けることをお勧めします。

肩甲骨をとにかく下に押し下げてください。

その時、腰を反らないように注意します。

 

腰はどんなことがあってもまっすぐ。

下腹部は上に引き上げて、
肩甲骨は下に押し下げる。

 

この2つを意識するだけで、上半身が安定します。

 

そして腕と頭を優雅に使うことが出来ます。

肩が上がってしまうと、首がうまく使えないので、頭の動きが硬くなります。

 

下腹部は上、肩甲骨は下

 

これだけで上半身美人、間違いなしです。
ぜひお試しください。

 

「えっ、肋骨?」

 

出番がなかったですね。

 

 

関連記事
バレエでは肋骨を閉じる。それ、間違いです。
肩甲骨は開く?閉じる?どちらが正しいか?

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください