「どうしたらピルエットの回数を増やすことが出来ますか?」キーワードは二つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ピルエット回れていますか?

「どうしたらピルエットの回数を増やすことが出来ますか?」

という質問を多く受けます。

キーワードは、プレパレーション時間。

これを詳しく解説するセミナーを開催することにしました。

生ピアノ付きのレッスン形式です。

私は講師の一人で、他のセミナーも同時開催されます。

石島が担当するセミナーの内容紹介です。

【講座名】
ピルエット回数アップ講座(バレエレッスン、生ピアノ付)

【対象】
ピルエットが上手に回れないダンサー(小5以上)、及びピルエットの指導法がわからない指導者

【結果】
ピルエットを理解し、ピルエットに回されるのではなく自分で回れるようになる

【概要】
ロシア派の教授法に則って回ります。力学的に無理のない回り方をお伝えします

【持ち物】
レッスン着、バレエシューズ(松ヤニが付いていないもの)、トゥシューズ(任意)

二つのキーワード

プレパレーション

・時間

についてここで少し解説します。

  1. プレパレーションでの上体送りと、腕の使い方で回転数が決まります。
  2. 立っている時間で回転数が決まります。

バレエ教授法には、「回転の法則」というのがあります。

それを今回お伝えします。

詳しくはオフ会セミナーで。

申込みはこちらまで。

今回は、バスターズでいつも時間オーバになるほど白熱したトークを繰り広げている面々が集まるオフ会です。

動作分析のプロ 森脇俊文先生は「癖とりセミナー」

バレエトレーニングディレクター 猪野恵司先生は「甲だし」

ハレエ教師 石島みどりは「ピルエット回数アップ講座(バレエレッスン、生ピアノ付)」

一箇所でまとめて受けられます。

ご自宅からの参加も可能です。

詳しくはこちらにて。
本イベントは終了いたしました。m(_ _)m

 


『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

大人バレエのお悩みバスターズ

●SNSでもご購読できます。

Please Login to Comment.

*