バレエ学生の将来性は審査出来るか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ローザンヌ国際バレエコンクール2019が終わりました。

 

若手ダンサーの将来性を審査するというコンクールです。

 

メソッドを研究していると、若いダンサーの将来を審査するということは大変難しいことだなぁ〜と感じることが少なからずあります。

 

ワガノワ・バレエ・アカデミーでは、各学年で決められた課題が存在します。

 

そしてその課題がこなせなければ進級できません。

 

そうです、退学です。

 

学年毎の課題が明確で、その課題の完成度も明確です。

 

それができないようなら、退学です。

 

すごくシンプルなシステムです。

 

 

ローザンヌ国際バレエコンクールのように

 

様々な国から様々なメソッドで学んだ参加者への審査基準は何なのか、とても興味があります。

 

パリ・オペラ座出身のダンサーが審査員ならオペラ座メソッドに則っているかを審査するのでしょうか?

 

多分違うでしょう。

 

一つのメソッドに絞るのではなく、総合的にいろいろな角度から審査していることでしょう。

 

メソッドには相入れない部分が多分にあります。

 

あるメソッドでの加点要素が、他のメソッドでは減点対象になっていたりするはずです。

 

そういう場合、どう判断するのか興味があります。

 

将来性を審査するのは難しい。。。

 

審査員の方々のご苦労は想像の域を超えます。

 

メソッドを学ぶと、その基準はメソッドに則っているかどうか、という一点のみになります。

 

とてもシンプルです。

 

私にはそのシンプルさが合います。

 

そして、そのシンプルに上達するということが実に難しい。

 


 

 

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください