クラシック・バレエ バーでの上体のポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毎週月・水・金で、ワガノワ・メソッドの初級のレッスンを大人向けに行っています。

 

  • 月:1年生
  • 水:2年生
  • 金:3年生

 

大人リーナの方々で苦労されていることの一つに

 

バーでの上体の方向がよくわからない」

 

というものがあります。

 

ワガノワ・メソッドでは、上体の方向を学ぶ順序があります。

 

croisé、effacé、écartéの3つの課題について解説します。

 

 

まず、この3つのépaulement(肩)の上体のポジションは、センターから学びます。

 

1年のセンターで、動脚つま先床の上に置いた状態で、croisé、effacé、écartéのポジションを学びます。

 

センターでのépaulementが理解できたら、バーでなにかのpasの最後の締めとして行います。

 

2年生のバーでは、動きの中でépaulementに上体を向けるということを行います。

 

このように段階的にépaulementの理解を深めるように教授法で定められています。

 

 

大人リーナにはこの課題をここで提示するのは大変難しいことなので、簡単なバーでのépaulementの概念をお伝えします。

 

バーでの上体の向きとépaulementのポジションの関係は…

 

バーの外45°に向く バーの中45°に向く
effacé 前 croisé 前
écarté 後ろ écarté 前
croisé 後ろ

effacé 後ろ

 

となります。

 

ここで押さえておきたい考え方として、脚の方向との兼ね合いもお伝えします。

 

croiséとeffacéでの脚は、必ず上体の前後に出ます。

 

écartéでの脚は、必ず上体の横に出ます。

 

上体が正面を向いているときの前後は、épaulementだとcroiséとeffacé、

上体が正面を向いているときの横は、épaulementだとécartéになります。

 

上体の方向と脚の方向が定まれば、バーでのépaulementは完成されます。

 

 

覚えることでしか完成されませんので、大変ですが覚えていただきたいです。

 

épaulementの他の解説はこちらもご参考になさってください。

 

 

 


 

『ワガノワe予備校』無料受講登録はこちら。

 

ワガノワ教授法のオンライン模擬試験と解説(期間限定)

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください