バレエの奥深さはカリキュラムの完成度に現れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエ教授法は本当に奥が深い。。。

 

表参道のリビーナさんに毎週通い、スラーヴァ先生のロシア・メソッド教授法の講義を受けています。

 

先週ようやく5年生の教授法を学び終えました。

 

毎回、座学のあとは実技です。

 

その実技の中で、5年生のバーのアンシェヌマンを考えるという宿題が出されます。

 

で、毎回ダメ出しされています。

 

その理由が奥深い。

 

5年生ではプリエ以外のバーのすべての動きにさまざまなターンを組み合わせます。

 

ターンのあとにはすぐに動きをつなげるのではなく、少しお休みを入れます。

 

その理由がしっかりあって、それを聞いたとき、

 

「奥が深いなぁ〜」と思ったのです。

 

 

毎講義、新たな発見があり、自分の力不足を認識させられます。

 

学ぶとは、自分の力不足と向き合うこと。

 

落ち込むこともありますが、それでも上を目指して前向きに進みたいと思います。

 

さっそく、宿題で出されたアンシェヌマンのダメ出しを受け、昨年度大人クラスで使っていたカリキュラムを全面改定しました。

 

「覚えやすく動きやすい」が改定のテーマです。

 

4月からその改定版で指導しています。これが好評です。

 

 


 

 

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください