バレエ教授法を8年分学ぶと見える本当の初級

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

去年の12月にワガノワ・バレエ・アカデミーで初級(1,2,3年)教授法のサーティフィケートを取得しました。

 

2016年より表参道のリビーナで教授法を学んでいます。

 

3年間ロシア・メソッドを学んでいることになります。

 

つい最近5年生の課題を学び終えました。

 

今学んでいる6年生の課題を学び終えれば、8年間分を学び終えることになります。

 

1年から5年生までの5年間分の教授法を学んで思うことは、

 

「1〜3年の初級だけを学んでも、真の意味での初級を学んだことにはならない」

 

です。

 

4年を学んで、なぜ3年でこの課題なのか、

 

5年を学んで、なぜ4年でこの課題なのか、

 

ということが理解できます。

 

なので、8年間のすべての教授法を学ぶことはとても大事です。

 

 

初級だけを見ていると見えてこない世界があります。

 

やはりもっと遠くを見ないと、初級の課題の本当の意味が理解できない。

 

俯瞰していないと、自分の立ち位置が見えてこないかのようです。

 

やはり、教授法、面白いし、奥が深い。

 

 


 

 

 

『おうちdeバレエ団』オーディション開催中

 

大人バレエのお悩みバスターズ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    Please Login to Comment.

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください