fbpx

三大バレエの一つ『眠れる森の美女』1幕オーロラ姫のシェネがトンベから始まるのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回の投稿でオーロラ姫の chaînés(シェネ)について考察しました。

 

3幕結婚式でのヴァリエーションは、chaînés(シェネ)の入り方で位が表現されるというお話でした。

 

今回は1幕の chaînés(シェネ)について。

 

1幕のオーロラと3幕のオーロラ。

 

1幕ではあどけない少女のようなオーロラ、3幕では結婚を迎える女性。

 

少女から女性への変化。

 

このように捉えられることが多いオーロラですが、本当にそうなのでしょうか?

 

以前、バレエ史を研究なさっている方から聞いたお話です。

 

「オーロラは、両親の忠告を聞かない娘です。相当にお転婆。姫らしからぬ姫です」

 

1幕のオーロラはお転婆さん。

 

だから、chaînés(シェネ)の入り方も元気いっぱい!

 

Svetlana Zakharova 先生の1幕の chaînés(シェネ)は tombé から入ります。

 

これは、どのダンサーの動画を見ても tombé からです。

 

どうして?

 

はい、お転婆だから。

 

このローズアダージオはあまりお上品に踊ってはいけないかも、なにせお転婆さんだから(笑)

 

求婚者からもらったバラを放り投げるくらいですから!←個人的にこの演出嫌いです。

 

お転婆はともかく、初々しさや無邪気さが表現されるべき踊りですね。

 

 

そして、100年の眠りから覚めたオーロラ姫は結婚を控えた姫としての品格を持つようになる。

 

リラの精のお力により、姫として成長するのでしょうか。

 

3幕では姫として、ヴァリエーションを踊ります。

 

前回の投稿で  glissade en tournant から入るのか、tombé から入るのか考察しましたが、

 

tombé で入るヴァージョンは、もしかしたらお転婆が抜けきれていない姫なのか?

 

なんてことを考えるのです。

 

100年寝たからって、そう簡単に性格は変わらなかった、ということかしら?

 

あぁ〜、でもすっきりしない!

 

眠れる森の美女について詳しい方に教わりたい。

 

誰か、助けて〜(笑)

 

三大バレエの一つ『眠れる森の美女』オーロラは姫?それとも?

 


オンラインなのに対面レッスンに参加できる『ハイブリッドレッスン』

 

コーヒー一杯の料金で自宅でレッスン『おうちdeバレエ団』

 

スマホをバレエの先生にするメルマガ登録

1日一通 世界一簡単な正しいバレエのメール講座
logo4
バレエの法則を1日一通メールでお届けします。時々雑学も入ります。興味ある方はご登録ください。バレエ上達法に関するメルマガDF通信にも同時に登録されます。配信停止は随時可能です。

メルマガには基本的に下記情報が含まれます。
  • バレエの法則イラスト

  • バレエの法則テキスト

  • バレエの法則ライブレッスン動画(含まれないこともあります。順次追加)

  • バレエの法則指導上のポイント


  • メルマガに登録する

    ●SNSでもご購読できます。

    コメントを残すにはログインしてください。

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください