進化の軌跡がカマ足に残っている。とても大切なことだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「逆カマに!」って言われていますか?

逆カマってバレエ特有の形ですよね?

普段の生活に絶対に出てこないような形…。


プロのバレリーナのアラベスクの形とか見たら、

やっぱり、逆カマになっている…。きれいなライン…。

「あの形に近づきたい」

「でも難しい」

なんでこんなにも難しんだろう?

ではここで、「カマ足と逆カマ足のお話」を少し。

大昔、人間の祖先は木に登って生活していたそうです。

木の上で自由に動くためには、足も手のように自由に枝を掴めないといけませんね。

足で木の枝を掴むには、カマ足が好都合でした。

両足で楽に枝を挟み込めるから。

だから、カマ足なんです。

それが遺伝子に組み込まれていて、私たちもそうなっていると…。

解剖学の本には、足首辺りの関節の向きが斜めになっていると書かれています。

その向きに沿って動かすと、見事にカマ足になります。

ポイント(底屈)する筋肉も、カマ足側に引く筋肉のほうが、逆カマ側に引く筋肉の3倍強いそうです。

私たちの足は、それだけカマ足にしやすくなっているわけですね。

木から落ちないように、という生物学的に理にかなった形なわけです。

つまり、カマ足は、解剖学的に見ても生物学的に見ても、正しかったんですね。

だから、レッスン中、カマ足が出てきたら

「それ、いいね!」

と言ってあげてください。

あ、これではバレエになりませんね^^;

バレエに話を戻すと、

逆カマは、その名の通り人間の本来あるべき姿から「逆行」している形…ということになります。

本来の姿の逆って、なんだか健康的じゃない感じがしてきました。

「前へのbattment tendu。(中略) 1,2で、動かす足を強く伸ばしたまま、足のうら全体を床につけて、かかとを前に押し出すように前方に滑らせ、かかとを床から離します。さらに滑らせて、足の甲とつま先を完全に伸ばしきります。つま先は床につけたまま、かかとをできるだけ高く上げます。甲が外くるぶしの方に倒れて斜めにならないように、つま先は第1、2指だけ床につけ、かかとを外に開きます。」
(『クラシック・バレエの基礎』 N. バザーロワ/V. メイ著 かるさびな出版 1992年出版 16p~17pより引用)

上文の「甲が外くるぶしの方に倒れて斜めにならないように」は、カマ足にするなということですね。

上文の「つま先は第1、2指だけ床につけ、かかとを外に開きます」は、逆カマにしなさいということですね。

逆カマにする理由は沢山ありますが、ここではそこに触れません。

守らなければならない「型」として捉えます。

逆カマにしなさいと、教科書に書かれています。

参考画像(バットマン・タンデュ前)

「解剖学的に、生物学的に、これは無茶なポジションだ!」

という声が上がってきそうですが、

そんなことは関係ありません。
というか、関係があってはいけません。

バレエの教授法でこう指示が出ているのです。

様式美では、この指示は絶対に守らなければなりません。

というか、守れる人だけが、バレエを踊っているのです。

国立のバレエ学校では、バレエの型を守れる身体を持った人が選ばれますね。

それがオーディションです。

バレエを踊れる身体をもった人たちと言うのは、本当に特殊な人たちだと思います。

逆カマをいとも簡単に出来るような人たちなのですから。 

そんな特殊能力は持っていないけど、それでもプロのバレリーナになりたい!

そういう夢をお持ちの方は、身体の改造を考えたほうが良いです。

バレエの型に近づけてくれるトレーナーさんなどに身体改造をお願いするといいと思います。

型の習得は、技術の習得の延長にはありません。

まず型がありき、です。

これを満たした先に技術の習得があります。

一方で、
「カマ足かもしれないけど、バレエを楽しみたいのよ!」

もちろん、そういう楽しいバレエもありですね。

特に大人リーナには、健康的に楽しみながら踊るというアプローチの仕方が良いですよね!

プロを目指す人は、バレエの型に適った身体を手に入れる
大人リーナは楽しみながら踊る

この両者は、別物です。

これらが混在したレッスンは、相互に足を引っ張り合ってしまうので、避けたいですね。

どちらも不幸になりますから。

プロを目指すなら、バレエにおいて最優先すべきは、バレエの型です。

だから、プロを目指すなら、逆カマ必須です。

逆カマのためのエクササイズは、こちらを参照して下さい。

ここから先は、専門家のもとへ足を運びましょう。

 

 
参考資料
カマ足のなおし方〜4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

●SNSでもご購読できます。

コメント

Please Login to Comment.

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください