アンシェヌマン

バレエ教師の仕事は「アンシェヌマンを作ること」

ワガノワメソッド教授法を学んで2年ほど経過しました。

 

師事している先生から再三言われている言葉

 

それは

 

「バレエ教師の仕事は各レベルに応じたアンシェヌマンを作ること」

 

これ、なかなか難しいんです。

続きを読む

何を考えながらバレエを踊るか?

ワガノワ・メソッドでは、
 
バレエ教師の役割を下記の通りに定義しています。
 
「生徒が何も考えなくてもあらゆるステップを踊れるように叩き込む」
 
続きを読む

バレエ教師の実力は「レッスンが始まる前」に決まる

レッスン前の準備が大事

私が生徒として、気軽に通っていたオープンクラスでのレッスンで、
よく、同じアンシェヌマンを踊っていたことがあります。
 
その先生が振りつけるグラン・アレグロのアンシェヌマンは、
いつも大体決まったことしかしなかったのです。
 
トンベ・パ・ドゥ・ブーレからグリッサードしてアラベスク、
シャッセからアントルラッセして、
最後はつなぎのステップが入ってのグラン・ジュテ。
 
続きを読む