fbpx

バレエの教授法

え? バレエの2番ポジションって広くしていいの?

バレエの足ポジション2番のグラン・プリエでは、かかとは床についたままです。

 

これは、どのメソッドでも同じです。

 

両足間の広さはメソッドによって差がありますが、グラン・プリエではかかとは上がりません。

 

グラン・プリエでは、太ももが水平になるまで腰を下げないといけませんが、それができないからと、広い2番で行う人もいます。

 

メソッドによって、2番の広さは違います。

 

同じメソッドでも広さが固定されてないなんてこともあります。

 

なんと、ロシア・バレエ・メソッドで固定されていないんです!

続きを読む

あなたのバレエ教師は第何世代?

ロシア・バレエ教授法を学んだとか、

 

ワガノワ・メソッドを学んだとか、

 

いろいろ発信しているバレエ教師がたくさんいらっしゃいます。

 

その学びは誰から授かったのでしょうか?

 

この「誰から」、という部分は実はすご〜く大事なんです。

続きを読む

幼児がバレエコンクール?

最近の日本のバレエ・コンクールには、5歳から出られるものがあるそうです。

 

幼児にヴァリエーションを踊らせて何を審査したいのでしょうか?

 

仮に点数をつけないにしても、一人で舞台に上がる心理的なストレスが5歳児にとってどれほどのものか。

 

そこに生徒を出させるバレエ教師の目的は何でしょうか?

 

どんなにレベルダウンしたとしても、幼児がそのヴァリエーションに必要な運動を経験しているとは到底思えません。

 

オリジナルのレベルダウンならいいというわけでもありません。

 

オリジナルの持つ様式美を、幼児はまだ理解できません。

 

文部科学省が発表している「幼児期運動指針」をご存知でしょうか?

続きを読む

あのバレエ教師と欠陥住宅

複数のロシア人バレエ教師にバレエを習った方なら少しは感じているかもしれない違和感。

 

「みなさん違うことを言っている……」

 

その違和感の正体は一体何なのでしょうか?

続きを読む

バレエのヴァリエーションで有名なイタリアン・フェッテを習得する5つの段階

バレエを習った方ならきっと夢見るイタリアン・フェッテ。

 

きれいに且つ正確にできたらどんなに素晴らしいでしょう。

 

正確に動けるようになるには、正確な指導が必要です。

 

ところで、イタリアン・フェッテの正確な指導には5つの段階があることをご存知でしょうか?

続きを読む

ツィスカリーゼ校長が5分で済ませるバレエ学校期末テストの2つの審査基準

日本国内で、毎週のようにバレエコンクールが開催されています。

 

審査員が何を見ているか、とても気になりますよね。

 

日本ではバレエ教授法を学んでいる教師が15%しかいませんので、日本人審査員が何を基準にしているか想像できません。

 

ですが、私が見てきたものはお伝えすることができます。

 

それは、

続きを読む

バレエ解剖学がバレエを上達させる?

アグリッピナ・ワガノワ先生の偉業

 

それはまさしく、システム化されたバレエ・メソッド作りに他なりません。

 

ワガノワ先生は、フランス派とイタリア派のスタイルを取り入れながら、クラシック舞踊の効果的な教育法を構築しました。

 

以前のブログでメソッドのいいとこ取りについて書きました(詳しくはこちら)。

 

いいとこ取りとワガノワ先生の偉業との差は一体どこにあるのでしょうか。

続きを読む

三つのバレエ・メソッドを混ぜて学んだ生徒が得たものは?

ロシアバレエクラシックレッスン基本プログラムのディプロマを頂いた今でも

 

「ロシアバレエではこうします」

 

という言葉を発することに不安があります。

 

知識が増えれば増えるほど、その言葉の重みを感じるようになったからです。

 

言葉の重みに気づかずに発言するとどのような影響があるでしょうか?

続きを読む