バレエの法則

ご興味あるリンクをクリックしてください。

「バレエの法則とは」を読む
「バレエの教授法」に関する記事を読む

 

石島みどりのレッスンは下記で受けられます。

●オープンクラス
毎週 10:15-12:15
月-初中級(フロア・バー、クラシック、ストレッチ)
水-初級(クラシック、作品練習)
金-基礎(ロシア派1年生クラシック、ポアント)

●毎週日曜 15:00-16:30(H30.4月~)
第1週:大人リーナ ヴァリエーション対策レッスン(大人)
第2週:バレエテクニックマスタークラス(小5以上)
第3週:子どもコンクール対策レッスン(小5〜中3)
第4週:大人リーナ上達保証クラシックレッスン(大人)

●特別レッスン
時間:随時
個人レッスン(苦手克服、テクニック、ヴァリエーション)

■会場
バレエスタジオDancingFUN

 

 

バレエではなぜターンアウトするのか?上体との関係について

バレエには決まり事があります。

 

●なぜ引き上げなくてはならないのか?

●なぜ股関節をアン・ドゥオールにしなくてはならないのか?

※バレエ教授法では、バレエの用語は全てフランス語で統一するようにとなっていますので、敢えて「ターン・アウト」という言葉を使用せずに、「アン・ドゥオール」と明記します。

 

こんな理由があることをご存知でしょうか?

 

続きを読む

バットマン・スートゥニュの行い方

バットマン・スートゥニュのフランス語表記は、

 

Battements Soutenus です。

 

Soutenu の意味は、「支える」。

 

下から何かを支えるという意味です。

 

また流れるようにというニュアンスもありますので、

 

「どこも途切れることなく下から支える」という意味になります。

 

一体どのような動きかイメージできますか?

 

続きを読む

シェネの習得法と注意事項

シェネの完成度は、どこにかかっているかご存知でしょうか?

 

バレエの回転技の中でもっとも速く回転するテクニックがシェネです。

 

この問いの答えが、高速回転のシェネをマスターする鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

続きを読む

デュエットで代表的な三種類の手の握り方

男性とデュエット(日本ではアダージョという言葉が一般的です)を踊る時、

 

手をつないでバランスをとったり、回してもらったります。

 

バランスの代表格、アチチュード。

 

アチチュードでのバランスやプロムナードの時、手の握り方に三種類あることをご存知でしょうか?

 

続きを読む