3拍子を理解する

オーケストラ

作曲家の故・芥川也寸志氏がおっしゃっていたと記憶していますが、「日本人は農耕民族なので、3拍子が苦手。農耕民族は2拍子」というお話をされていたことがありました。

実際にレッスン場で踊っている生徒さんを見ても、3拍子に手間取っている様子が見て取れます。

続きを読む

プロのアライメント

元レニングラード国立バレエ団ファースト・ソリスト、現シュツッツガルト・バレエ団ドゥミ・ソリストのニコライ・コリパエフ先生のレッスンを間近で見学させていただく機会がありました。

ニコライ先生は、アダージオクラスで、アマチュアの大人の生徒さんに対し、大変丁寧にそして的確な指導をなさっていました。

デモンストレーションもすばらしく美しい。

そのレッスンで、ニコライ先生は上手に踊るための体の使い方のポイントをたくさん教えてくださいました。

ニコライ先生がとても強調されていたポイントの一つをご紹介します。

続きを読む

空間認識

普段使っているレッスン場の前と後が逆になったら踊りにくいでしょうか?

発表会の練習などで、前後を逆にすると、後ろ向きに終わっている・・・なんてことがあるかも知れませんね。

いつもと違う前だと踊りにくい…。

続きを読む

コンフォートテンポ

オーケストラ

レッスン中に「次はアダージョです」と、教師は言います。

プリエ、タンデュ、ロン・ドゥ・ジャンブなどは動きの名前なのに、アダージョになるといきなりテンポのことになります。

不思議ですね。

続きを読む

ターンアウトは何度開く?

一番ポジション

バレエの教科書には脚を180度開くように、と書かれています。

舞台を見てもバレリーナたちは180度開いています。

プロバレリーナたちの1番での可動域はどのくらいでしょうか?

プロじゃなくても、厳しいオーディションを経て有名バレエ学校に入学した生徒たちの可動域はどのくらいでしょうか?

続きを読む

ターンアウトのコツ

一番ポジション

「バレエの基本ルール」でもお伝えしましたが、脚をターンアウトさせることは、3つのルールの中の一つです。

ターンアウトなしにバレエは踊れない、ということですね。

それほど重要なターンアウト、どうすれば手に入るでしょうか?

ターンアウトを手に入れるためのコツをご紹介します。

その前に…、
続きを読む

鏡との正しい付き合い方

ほとんどのバレエスタジオ、スポーツジムには鏡が設置されています。

体のラインや動きをチェックするのに、鏡は最適です。

ですがこの鏡、実は上達の妨げになることもあるのです。

続きを読む

総合芸術としてのメイク

バレエのメイクは、普段のメイクよりも濃くします。

理由は、

遠くの観客にも顔の陰影が分かるようにしなくてはいけないし、舞台上ではライトが沢山あたるので、光りに飛ばされない陰影も作る必要があるので。

ポイントは陰影。

乗せる色やタイツについてもお話します。

続きを読む

トゥで5番に立つ その2

「トゥで5番に立つ その1」では、空間のお話をしました。

5番でしっかり立つために必要なことがもう一つ。

とても大事な事です。

それは、、、

スピードです。

続きを読む

トゥで5番に立つ その1

トゥで5番に立つ、という動きには2つの種類があります。

1. ピケで、片脚ずつ立って、最後に両脚で5番に立つ
2. ルルヴェで、両脚で5番に立つ

続きを読む