良い教師に習おう!

今まで私は数多くのバレエ教師のレッスンを受けてきました。

私が教師になる前も、なった後も、です。

 
「この先生はバレエを良くご存知だな」
「この先生の教え方は絶妙だな」

と、素晴らしい教師にめぐり合うこともあれば

「この先生、バレエをまったく分かっていないな」
「この教え方じゃ生徒さんがかわいそう」

と、思う教師まで様々です。

続きを読む

ピルエット・アン・ドゥダンの真理

パッセ

先日、レッスン中に生徒さんからこんな質問を頂きました。

「4番からのピルエット・アン・ドゥダンで1番を通るようにと、他スタジオの先生に言われたんですけど、本当のところはどうなんですか?」

続きを読む

リズムとメロディ

以前、プロピアニストの方に、レッスンの生演奏をお願いした事がありました。

そこで、生演奏ならではのちょっとしたアクシデントが起こりました。

続きを読む

加齢と上達

ちょっと読むのに気が進まないトピックスかも知れませんが…。

若いころは、レッスン後すぐに疲労回復したり、ステップも軽々できたのに、

加齢とともに、疲労回復に時間がかかるようになり、

できたステップもなんだかレベルが落ちているように感じる…。

続きを読む

上達ノート

皆さんが、学生のころは授業をノートに取り勉強していましたね。

テストの前には読み返して必死に勉強したことでしょう。

続きを読む

選ばれるとは?

コンクールで選ばれる子、海外バレエ学校オーディションで選ばれる子、バレエ団で選ばれる子。

選ばれる子と選ばれない子は、一体何が違うのでしょうか?

続きを読む

腕は長く使う?

腕は長く使うというのがバレエの常識と考えられているようです。

しかし、決してそうともいえない場合があります。

腕を長く使うことでバランスを崩すことがあるのです。

続きを読む

プリエの行い方

今回はドゥミ・プリエについて取り上げます。

ドゥミ・プリエは、クラシック・バレエの全ての動きの中に取り入れられていると言っても過言ではない、とても重要な動きです。

正しいジャンプには不可欠な動きです。

バレエの華は、やはりアレグロの動きです。

アレグロの動きの代表格、ジャンプこそがバレエの真髄といえるのではないでしょうか。

続きを読む

教師の表現方法

バレエのレッスンでよく言う言葉に 「引き上げて」 が、あります。

教師は、この 「引き上げ」 を体感として理解しているので、ただ 「引き上げて」 と言います。

はたしてこの表現、生徒さんは理解しているでしょうか?

続きを読む

3拍子を理解する

オーケストラ

作曲家の故・芥川也寸志氏がおっしゃっていたと記憶していますが、「日本人は農耕民族なので、3拍子が苦手。農耕民族は2拍子」というお話をされていたことがありました。

実際にレッスン場で踊っている生徒さんを見ても、3拍子に手間取っている様子が見て取れます。

続きを読む