fbpx

ロシアバレエの脚2番でのグラン・プリエの行い方は?

ロシアメソッドでは、脚2番の幅が明確に決まっています。

 

足一つ分です。

 

足の大きさが24cmなら脚2番の幅は24cmということになります。

 

グラン・プリエでもこの幅のまま行います。

 

もっと広くしたい?

 

広くしてはいけない理由があるのです。

続きを読む

バレエの踊り心は、脚の指導だけでは生まれない

私が大人リーナの生徒さんたちに行っているレッスンでは、必ず踊り心が入ったアンシェヌマンを提示します。

 

例えば、アンシェヌマンの最後に

 

「歩いてポーズを取る」

「手をen dedans-en dehorsで動かす」

「低い第1アラベスクのポーズで終わる」

「顎とともに手でポースを取る」

 

などなど。

 

この踊り心は脚ではなく、上体で表すものです。

 

脚のことだけ考えていたらできない。できな〜い!

 

続きを読む

バレエ教師が曲にカウントを乗せていいの?

ロシアバレエメソッドでは、音の取り方が明確に示されています。

 

その音の取り方は絶対です。

 

バレエの法則に従ったものですので、

 

個人的なフィーリングや好みで音を取ることは許されません。

 

音を重視しないバレエ教師がいるという話を聞いたりすると、がっかりします。

 

続きを読む

あなたの動きを生徒に見せてはいけない、と言われたバレエ教師

さすがはシトニコワ先生。

 

ワガノワ・バレエ・アカデミーの先生です。

 

私のバレエ教授法講座を受講なさっている大先輩の先生からこのようなお話を伺いました。

 

10年以上前になると思いますが、ワガノワ・バレエ・アカデミーのシトニコワ先生の教授法の講座があり、受講させて頂きました。

毎年夏に2~3日の日程で3年間続けてくださいました。

その講義の場で、動きにくせのあった先生に

続きを読む

あの生徒を育てたのは誰だ?バレエ教師と生徒の間にあるもの

私のバレエ教授法の教師はスラーヴァ先生です。

 

スラーヴァ先生に教授法を教えた教師もいらっしゃいます。

 

そしてその教師にも教師がいました。

 

そうやって遡っていくとたった一人の教師にたどり着きます。

 

それはアグリッピナ・ワガノワ先生。


アグリッピナ・ワガノワ先生の墓前にて(2018年)

続きを読む

味噌っかすがバレエ教授法修了証を授与された一つのこだわり

ロシア・ワガノワ・バレエアカデミー クラシックバレエ教授法基本プログラム全課程修了証を授与されました。

 

学び始めてから四年の歳月がかかりましたが、四年かければ誰でも授与されるかと言うとそんなことはないと思います。

 

では、ここに来るまで、どのように学んできたのか?振り返ってみました。

 

今後学ぶ方の参考になればと思い、修了証をいただくまでの道のりを少しご紹介します。

続きを読む